ホンダは難コースの鈴鹿で28年ぶりの勝利なるか?
今年のF1日本GPはレッドブル&トロロッソの走りに注目せよ

2019.10.10 デイリーコラム

過去5年の表彰台に見る「鈴鹿で強いドライバー&マシン」

鈴鹿サーキットに、31回目のF1日本GPがやってくる。

小林可夢偉が2014年シーズンを最後にF1を去って以来、日本人ドライバー不在が5年も続いているが、今年はレッドブルとともに既に2勝を記録しているホンダの凱旋(がいせん)レースということもあり、日本のファンのみならず例年以上に注目が集まる一戦となる。

ホンダがお膝元の鈴鹿で最後に勝ったのは1991年。当時マクラーレンをドライブしていたアイルトン・セナがゴール目前で突如ペースを落とし、僚友ゲルハルト・ベルガーに花を持たせたという、オールドファンには懐かしいエピソードまでさかのぼらなければならないほど、随分昔の出来事になってしまった。

果たして28年ぶりに「鈴鹿でのホンダ優勝」となるか。今年の予想の前に、V6ターボハイブリッド規定が始まった2014年から5年間の、トップ3の顔ぶれを振り返ってみたい。

【2014年】

  • 1位ルイス・ハミルトン(メルセデス)
  • 2位ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
  • 3位セバスチャン・ベッテル(レッドブル)

【2015年】

  • 1位ルイス・ハミルトン(メルセデス)
  • 2位ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
  • 3位セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

【2016年】

  • 1位ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
  • 2位マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
  • 3位ルイス・ハミルトン(メルセデス)

【2017年】

  • 1位ルイス・ハミルトン(メルセデス)
  • 2位マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
  • 3位ダニエル・リカルド(レッドブル)

【2018年】

  • 1位ルイス・ハミルトン(メルセデス)
  • 2位バルテリ・ボッタス(メルセデス)
  • 3位マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

王者メルセデスが鈴鹿5連覇、ハミルトンが4勝と他を圧倒しているのだが、実は3年連続で2位、2位、3位と表彰台にのぼっているのが、今季ホンダ勢をけん引するレッドブルと、そのエースであるフェルスタッペンである。

世界でも指折りのチャレンジングなサーキットとして多くのドライバーが称賛する鈴鹿は、運転するものの腕に加えて、マシン、パワーユニット、そしてチームの高い次元での総合力が問われるコースだ。2本のストレート、左右リズミカルに駆け抜けるS字、複合コーナーのデグナー、さらにヘアピンやシケインといった低速コーナーもあれば130Rのような高速コーナーもある。多種多様なターンが一周5.8kmに目いっぱい詰まっているがゆえ、極めて難しく、挑戦しがいのあるトラックとして人気がある。

過去5年、チャンピオンとして不動の地位を築いたメルセデスが鈴鹿で強かったことは言うまでもないが、非力が否めなかったルノーのパワーユニットでもポディウムの常連となっていたレッドブルとフェルスタッペンの力量も、また相当なものだったと言うべきであろう。

鈴鹿サーキットで5連勝中のメルセデス(写真手前)。今年のハンガリーGPでは、初ポールポジションからレースをリードしたマックス・フェルスタッペンのレッドブル(同奥)と激しい優勝争いを繰り広げた。今年の日本GPでも両者のつばぜり合いを見ることができるか?(Photo=Mercedes)
鈴鹿サーキットで5連勝中のメルセデス(写真手前)。今年のハンガリーGPでは、初ポールポジションからレースをリードしたマックス・フェルスタッペンのレッドブル(同奥)と激しい優勝争いを繰り広げた。今年の日本GPでも両者のつばぜり合いを見ることができるか?(Photo=Mercedes)拡大
レッドブルも鈴鹿を得意とするチーム。直近の3年ではフェルスタッペンが3年連続表彰台に立っている。ホンダのパワーユニットを得た今年、その頂点を狙うことはできるか?(Photo=Red Bull Racing)
レッドブルも鈴鹿を得意とするチーム。直近の3年ではフェルスタッペンが3年連続表彰台に立っている。ホンダのパワーユニットを得た今年、その頂点を狙うことはできるか?(Photo=Red Bull Racing)拡大
冬の合同テストで圧倒的な速さを見せつけたフェラーリ(写真)。シーズン前半は苦しんだものの、後半に入るとようやくマシンの特性をつかみ、現在シャルル・ルクレールが4戦連続ポールポジション奪取中。シンガポールGPでは1-2フィニッシュを決めるなど、ここ4戦で3勝と波に乗っている。鈴鹿でも強敵として立ちはだかることが予想される。(Photo=Ferrari)
冬の合同テストで圧倒的な速さを見せつけたフェラーリ(写真)。シーズン前半は苦しんだものの、後半に入るとようやくマシンの特性をつかみ、現在シャルル・ルクレールが4戦連続ポールポジション奪取中。シンガポールGPでは1-2フィニッシュを決めるなど、ここ4戦で3勝と波に乗っている。鈴鹿でも強敵として立ちはだかることが予想される。(Photo=Ferrari)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事