WRCに日本ラウンドが復活!
新生「ラリー・ジャパン」はどんなラリーになる?

2019.10.14 デイリーコラム

来年の参戦チームは移動が大変そう

2020年の世界ラリー選手権(WRC)のカレンダーが発表され、2010年以来10年ぶりに日本ラウンドが開催されることが決定しました。2018年にWRC日本ラウンド招致準備委員会が立ち上がり、2019年の開催を目指して活動してきたものの、この年の実施はかなわず。招致準備委員会はその後も積極的に招致活動を展開し、今回の開催決定にこぎつけました。

2020年11月19日から22日にかけて、愛知県と岐阜県で行われることになった「ラリー・ジャパン」は、シーズン最終戦となる第14戦として開催。また、日本とともに、ケニア、ニュージーランドの復活も決定。その陰でフランス、スペイン、オーストラリアが姿を消すことになりました。見る側にとっては歴史あるサファリラリーやニュージーランドの復活は楽しみではあるけど、参戦する側にとっては、ロジスティックの時間や費用などがかさむことも事実。ラリーってお金がかかりますからねえ……。

2019年のラリー・ドイチェランドにて、市街地を走る「トヨタ・ヤリスWRC」。日本でもこんなラリーが見られるのかと思うと、今から楽しみ。
2019年のラリー・ドイチェランドにて、市街地を走る「トヨタ・ヤリスWRC」。日本でもこんなラリーが見られるのかと思うと、今から楽しみ。拡大
日本などでの開催が復活する一方で、フランス(ツール・ド・コルス)、スペイン(カタルーニャ)、オーストラリアがカレンダーから姿を消すこととなった。写真は2017年のラリー・カタルーニャの様子。
日本などでの開催が復活する一方で、フランス(ツール・ド・コルス)、スペイン(カタルーニャ)、オーストラリアがカレンダーから姿を消すこととなった。写真は2017年のラリー・カタルーニャの様子。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事