「トヨタC-HR」がマイナーチェンジ スポーティーな“GRスポーツ”シリーズが登場

2019.10.18 自動車ニュース
トヨタC-HR S“GRスポーツ”
トヨタC-HR S“GRスポーツ”拡大

トヨタ自動車は2019年10月18日、コンパクトSUV「C-HR」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

車体色に新規設定色の「ブラック×エモーショナルレッドII」が採用された「G」。
車体色に新規設定色の「ブラック×エモーショナルレッドII」が採用された「G」。拡大
「オーキッドブラウン」の内装色が採用された「G」のインストゥルメントパネルまわり。
「オーキッドブラウン」の内装色が採用された「G」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「オーキッドブラウン」の内装色が採用された「G」のシート。
「オーキッドブラウン」の内装色が採用された「G」のシート。拡大
新規設定色の「オレンジメタリック」。
新規設定色の「オレンジメタリック」。拡大
S“GRスポーツ”
S“GRスポーツ”拡大
“GRスポーツ”専用デザインのフロントまわり。
“GRスポーツ”専用デザインのフロントまわり。拡大
「S-T“GRスポーツ”」のインストゥルメントパネルまわり。同車のトランスミッションは6段MTとなる。
「S-T“GRスポーツ”」のインストゥルメントパネルまわり。同車のトランスミッションは6段MTとなる。拡大
“GRスポーツ”専用のスポーティーシート。
“GRスポーツ”専用のスポーティーシート。拡大
 
「トヨタC-HR」がマイナーチェンジ スポーティーな“GRスポーツ”シリーズが登場の画像拡大

デザイン変更に加えインフォテインメントシステムを刷新

今回のマイナーチェンジは、デザインの変更、装備の強化、ラインナップの拡充が図られた。

外観デザインでは、エアインテークを左右に広げてワイドスタンスを強調するとともに、「G」「G-T」のフロントフォグランプをエアインテーク上部に移動。「S」「S-T」のヘッドランプをパラボラ式LEDとした。その他のグレードでもランプ類の意匠が変更されており、上部に伸びるLEDクリアランスランプをデイライトとターンランプの2つの機能で用いるようにしたほか、リアコンビネーションランプにはシーケンシャルターンランプを採用している。

ボディーカラーは新規設定色の「エモーショナルレッドII」「オレンジメタリック」を含む全16種類(モノトーン8種類、ツートーン8種類)。GとG-Tの内装色には新たに「オーキッドブラウン」を設定した。

装備に関しては、駐車時などに障害物を検知して衝突被害の軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー」や、駐車場での後退時に左右後方から接近する車両を検知し、衝突の可能性がある場合にブレーキを制御する「リアクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ)、車両を上から見たような映像をディスプレイ画面などに表示するパノラミックビューモニターなどをオプション設定。また「カローラ」に続き、Apple CarPlayやAndroid Autoなどの携帯端末のミラーリング機能、SmartDeviceLinkなどに対応したディスプレイオーディオとDCMを、全車に標準で採用した。

GAZOOが手がけたスポーティーバージョン

ラインナップについては、スポーティーな新グレードとして「S“GRスポーツ”」「S-T“GRスポーツ”」を設定。TOYOTA GAZOO Racingが開発を手がけたもので、フロア下にセンターブレースを追加してボディー剛性を強化したり、専用の19インチタイヤやサスペンションを採用したりといった改良がなされている。

主な専用装備は以下の通り。

  • GR専用フロアセンターブレース
  • GR専用チューニング(フロント/リアサスペンション:コイルスプリング&ショックアブソーバー&スタビライザー、電動パワーステアリング)
  • 225/45R19タイヤ&19×7 1/2J専用アルミホイール(切削光輝+ブラック塗装/センターオーナメント付き)
  • GR専用フロントデザイン(フロントバンパー、大開口アンダーグリル、アンダーガード、大型フォグランプベゼル)
  • GR専用エンブレム(フロント/サイド/リア)
  • GR専用トヨタエンブレム(リア:アクリル+ブラック)
  • GR専用本革巻き小径3本スポークステアリングホイール(シルバーステッチ+GRエンブレム+スポーク部:ダークメタリック塗装)
  • インストゥルメントパネル加飾&ドアインナーガーニッシュ(GR専用金属調ダークシルバー塗装)
  • 専用スポーティーシート(GRエンブレム付き+シルバーダブルステッチ付き)
  • アルミペダル
  • GRロゴ付き専用スタートスイッチ
  • 外板色はエモーショナルレッドIIを含むモノトーン6種類と、「メタルストリームメタリック×ブラックマイカ」を含むツートーン5種類の全11種類。内装色はGR専用の「ブラック」となっている。

また“GRスポーツ”シリーズの追加の他にも、FF の1.2リッターターボ車には新たに6段MT仕様を追加した。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • S-T(FF/6MT):236万7000円
  • S-T(FF/CVT):240万円
  • S-T(4WD/CVT):259万8000円
  • G-T(FF/6MT):263万2000円
  • G-T(FF/CVT):266万5000円
  • G-T(4WD/CVT):286万3000円
  • S-T“GRスポーツ”(FF/6MT):273万2000円
  • S(FF/CVT):273万円
  • G(FF/CVT):299万5000円
  • S“GRスポーツ”(FF/CVT):309万5000円

(webCG)

関連キーワード:
C-HR, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR S-T“GRスポーツ”(FF/6MT)【試乗記】 2020.1.30 試乗記 トヨタのクロスオーバーモデル「C-HR」に、GAZOO Racingが開発を手がけた新グレード“GRスポーツ”が登場。専用のエアロパーツと足まわりでチューンされた、スポーツバージョンの走りやいかに?
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
ホームへ戻る