トヨタがニューモデル「ライズ」を発売 取り回しのしやすい5ナンバーのコンパクトSUV

2019.11.05 自動車ニュース
トヨタ・ライズ
トヨタ・ライズ拡大

トヨタ自動車は2019年11月5日、新型の小型SUV「ライズ」を発表し、同日販売を開始した。

 
トヨタがニューモデル「ライズ」を発売 取り回しのしやすい5ナンバーのコンパクトSUVの画像拡大
 
トヨタがニューモデル「ライズ」を発売 取り回しのしやすい5ナンバーのコンパクトSUVの画像拡大
 
トヨタがニューモデル「ライズ」を発売 取り回しのしやすい5ナンバーのコンパクトSUVの画像拡大
 
トヨタがニューモデル「ライズ」を発売 取り回しのしやすい5ナンバーのコンパクトSUVの画像拡大

ライズは、トヨタがダイハツからOEM供給を受けて販売する5ナンバーサイズのコンパクトモデルであり、新型「ダイハツ・ロッキー」の姉妹モデルにあたる。

全長4mを切るコンパクトなボディーや、クラストップレベルの広々とした車内空間、全車速対応アダプティブクルーズコントロールをはじめとした運転支援システムの充実ぶりなど、その特徴は基本的にベース車と共通。違いは主にデザインにあり、ライズにはトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に通じる力強い意匠のフロントマスクが採用されている。全11種類のボディーカラーについても、ロッキーには設定のある「コンパーノレッド」は選択できない代わりに、ライズ専用色として「ターコイズブルーマイカメタリック」が用意されている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • X:167万9000円(FF)/191万8800円(4WD)
  • X“S”:174万5000円(FF)/198万4800円(4WD)
  • G:189万5000円(FF)/213万3700円(4WD)
  • Z:206万円(FF)/228万2200円(4WD)

販売目標は月間4100台とされている。

(webCG)

◆「トヨタ・ライズ」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
ライズ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ライズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.21 試乗記 トヨタの新型SUV「ライズ」に試乗。全長4m以下のコンパクトなボディーに広い室内、そしてパワフルな1リッターエンジンなどさまざまな魅力を備えた同車だが、リポーターが何よりもしびれたのはその“軽さ”だった。
  • マツダMX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.12.17 試乗記 「わたしらしく生きる」をコンセプトに開発された、マツダの新型クロスオーバー「MX-30」。いざ乗り込んでみると、これまでのマツダ車では味わえなかった、さまざまな個性が見えてきた。
  • ダイハツ・ロッキーX(FF/CVT)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.28 試乗記 全長4mを切るコンパクトなボディーサイズが特徴の新型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」。小さな車体で大きな車内空間を実現したニューモデルは、機能的なSUVとしてはもちろん、今や希少な5ナンバーの実用車としても魅力的な一台に仕上がっていた。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(FR/8AT)【試乗記】 2021.1.4 試乗記 新世代の「アストンマーティン・ヴァンテージ」にオープントップバージョン「ロードスター」が登場。早速ステアリングを握った筆者は、予想以上の官能性あふれる走りに、すっかり夢中になったのだった。
ホームへ戻る