トヨタがニューモデル「ライズ」を発売 取り回しのしやすい5ナンバーのコンパクトSUV

2019.11.05 自動車ニュース
トヨタ・ライズ
トヨタ・ライズ拡大

トヨタ自動車は2019年11月5日、新型の小型SUV「ライズ」を発表し、同日販売を開始した。

 
トヨタがニューモデル「ライズ」を発売 取り回しのしやすい5ナンバーのコンパクトSUVの画像拡大
 
トヨタがニューモデル「ライズ」を発売 取り回しのしやすい5ナンバーのコンパクトSUVの画像拡大
 
トヨタがニューモデル「ライズ」を発売 取り回しのしやすい5ナンバーのコンパクトSUVの画像拡大
 
トヨタがニューモデル「ライズ」を発売 取り回しのしやすい5ナンバーのコンパクトSUVの画像拡大

ライズは、トヨタがダイハツからOEM供給を受けて販売する5ナンバーサイズのコンパクトモデルであり、新型「ダイハツ・ロッキー」の姉妹モデルにあたる。

全長4mを切るコンパクトなボディーや、クラストップレベルの広々とした車内空間、全車速対応アダプティブクルーズコントロールをはじめとした運転支援システムの充実ぶりなど、その特徴は基本的にベース車と共通。違いは主にデザインにあり、ライズにはトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」に通じる力強い意匠のフロントマスクが採用されている。全11種類のボディーカラーについても、ロッキーには設定のある「コンパーノレッド」は選択できない代わりに、ライズ専用色として「ターコイズブルーマイカメタリック」が用意されている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • X:167万9000円(FF)/191万8800円(4WD)
  • X“S”:174万5000円(FF)/198万4800円(4WD)
  • G:189万5000円(FF)/213万3700円(4WD)
  • Z:206万円(FF)/228万2200円(4WD)

販売目標は月間4100台とされている。

(webCG)

◆「トヨタ・ライズ」のフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
ライズ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ライズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.21 試乗記 トヨタの新型SUV「ライズ」に試乗。全長4m以下のコンパクトなボディーに広い室内、そしてパワフルな1リッターエンジンなどさまざまな魅力を備えた同車だが、リポーターが何よりもしびれたのはその“軽さ”だった。
  • ダイハツ・ロッキーX(FF/CVT)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.28 試乗記 全長4mを切るコンパクトなボディーサイズが特徴の新型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」。小さな車体で大きな車内空間を実現したニューモデルは、機能的なSUVとしてはもちろん、今や希少な5ナンバーの実用車としても魅力的な一台に仕上がっていた。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
  • スバル・インプレッサスポーツSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.14 試乗記 「スバル・インプレッサスポーツ」に新たな最上級グレードとなる「STI Sport」が追加された。車名とグレード名の双方に“スポーツ”と付くマニア待望のSTIチューニングモデルは、一体どんな走りをみせてくれるのだろうか。
  • 新型トヨタ・ランドクルーザー 2021.6.10 画像・写真 トヨタが新型「ランドクルーザー」を世界初公開した。ランクルの本質である信頼性と耐久性、悪路走破性を進化させつつ継承すること、さらに世界中のどんな道でも運転しやすく、疲れにくい走りを実現することを狙いに開発された新型の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る