ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」が日本上陸

2019.11.20 自動車ニュース
ポルシェ・タイカン ターボ
ポルシェ・タイカン ターボ拡大

ポルシェ ジャパンは2019年11月20日、新型の電気自動車(EV)「タイカン」を国内初披露し、予約注文受け付けを開始した。

 
ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」が日本上陸の画像拡大
 
ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」が日本上陸の画像拡大
 
ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」が日本上陸の画像拡大
 
ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」が日本上陸の画像拡大
2019年8月1日の社長就任以来、初の公の場となったポルシェ ジャパンのミヒャエル・キルシェ社長(写真右)と、「タイカン」の車両概要を説明した同社マーケティング部のアレキサンダー・クワース プロダクトマネージャー。
2019年8月1日の社長就任以来、初の公の場となったポルシェ ジャパンのミヒャエル・キルシェ社長(写真右)と、「タイカン」の車両概要を説明した同社マーケティング部のアレキサンダー・クワース プロダクトマネージャー。拡大

ブランド初のEVであるタイカンは4ドア・4シーターのスポーツサルーンだ。前後アクスルにそれぞれモーターを搭載するほか、リアアクスルには2段のATが備わるなど、ポルシェならではのエンジニアリングが数多く取り入れられているのが特徴である(関連記事:ポルシェが電気自動車「タイカン」を世界初公開)。

日本にまず導入されるのは「4S」「ターボ」「ターボS」の3グレード。システム総合での最高出力/最大トルクは4Sが530PS/640N・mでターボが680PS/850N・m、ターボSが761PS/1050N・mと公表されている。駆動用バッテリーの容量は4Sが79.2kWh、ターボとターボSが93.4kWh。満充電からの航続可能距離は順に407km、450km、412kmとされている。

納車は2020年後半に始まる予定で、価格は現時点では未発表。特設ウェブサイトから予約プログラムにエントリー(デポジットが必要)することで、納車までの間、タイカンに関する情報を優先的に受け取れる。

都内で開催されたお披露目会ではポルシェ ジャパンのミヒャエル・キルシュ代表取締役社長が登壇。タイカンについて、ポルシェの伝統を備えながらも完全な電動化を果たしたイノベーティブな存在であると説明し、きっと日本の顧客の心をつかむだろうと笑顔を見せた。

(webCG)

関連キーワード:
タイカン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン 2019.11.20 画像・写真 いよいよ日本に上陸した、ポルシェ初の100%電気自動車「タイカン」。ポルシェ車としての伝統的なディテールを受け継ぎながら、全く新しい4ドアのスポーツサルーンとしてデビューしたニューモデルの姿を、詳しく写真で紹介する。
  • アウディe-tronスポーツバック55クワトロ ファーストエディション(4WD)【試乗記】 2020.10.9 試乗記 日本初登場となるアウディのピュアEV「e-tron(イートロン)スポーツバック」に試乗。システム最高出力408PSの電動パワーユニットと、前後モーターによる電動4WDとなった「クワトロ」が織りなす走りの印象を報告する。
  • ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.24 試乗記 車両本体価格2408万円。「ポルシェ・カイエン」シリーズのトップに君臨するのが「カイエン ターボS Eハイブリッド」だ。4リッターのV8ツインターボエンジンをモーターが加勢する、強力無比なプラグインハイブリッドシステムの仕上がりやいかに!?
  • マツダMX-30(FF/6AT)/MX-30(4WD/6AT)【試乗記】 2020.10.21 試乗記 マツダの新型車「MX-30」は、既存のマツダ車とはひと味ちがう価値観のもとにつくられたクロスオーバーSUVだ。パワートレインやシャシーの仕上がりとともに、マツダのこだわりが詰まった内外装装備の使い勝手をリポートする。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る