「レクサスLC」のオープントップバージョン登場 日本では2020年夏に発売【LAショー2019】

2019.11.20 自動車ニュース
今回公開された「レクサスLC500」のコンバーチブルモデル。
今回公開された「レクサスLC500」のコンバーチブルモデル。拡大

トヨタ自動車は2019年11月20日(現地時間)、米国・ロサンゼルスにおいて、レクサスブランドのフラッグシップクーペ「LC500」のコンバーチブルモデルを世界初公開した。同モデルは、ロサンゼルスオートショー(開催期間は12月1日まで)にも出展される。

「レクサスLC」のクーペ(奥)と、コンバーチブルモデル(手前)。
「レクサスLC」のクーペ(奥)と、コンバーチブルモデル(手前)。拡大
シルエットにこだわったというトノカバーを装備。シートのヘッドレスト背面には「L」マークのエンボス加工が施される。
シルエットにこだわったというトノカバーを装備。シートのヘッドレスト背面には「L」マークのエンボス加工が施される。拡大
シートは、肩口のキルティング加工やパーフォレーションが特徴。
シートは、肩口のキルティング加工やパーフォレーションが特徴。拡大
フロアの下にはボディー剛性を高めるブレースが装着される。
フロアの下にはボディー剛性を高めるブレースが装着される。拡大
 
「レクサスLC」のオープントップバージョン登場 日本では2020年夏に発売【LAショー2019】の画像拡大

快適・快感を徹底追求

今回発表されたLC500のコンバーチブルモデルは、先行してデビューしたクーペモデルとともに、レクサスブランドの頂点と位置付けられる高級オープントップモデル。日本国内では、2020年夏ごろの発売が予定されている。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4760×1920×1350mmで、ホイールベースは2870mm。「コンバーチブルとしての個性が際立つデザイン」を目指したというエクステリアは、キックアップしたベルトラインやロー&ワイドなリアビューが特徴で、オープン時の開放的な造形とクローズ時の伸びやかなシルエットが見どころとされている。

静粛性を追求したソフトトップは4層構造。走行中でも50km/h以下であれば開閉可能で、その様子はメーター内にアニメーションで表示される。動作に要する時間はオープンが15秒、クローズは16秒。快適性を高めるためのウインドディフレクターやネックヒーターも備わる。

走りについては、上質な乗り心地とドライバーの意図に忠実な運動性能を実現すべく、ヤマハ製の「パフォーマンスダンパー」を装着。軽量かつ高剛性なアルミダイキャスト製のリアサスペンションタワーブレースを採用したほか、床下にもブレースが追加されている。

パワーユニットは、クーペのLCにも搭載されている5リッターV8エンジンで、トランスミッションは10段AT。官能的なエンジンサウンドを楽しめるよう、吸気音をキャビン内に共鳴させるサウンドジェネレーターや、迫力のある排気音を演出するバルブが備わる。音に対するこだわりは強く、アクティブノイズコントロール(ANC)を使って不快な車内ノイズが抑制されるほか、オープン/クローズで音響設計が変化するサウンドシステムも用意されている。

そのほか、エアコンやシートヒーター、ネックヒーター、ステアリングヒーターを自動制御する「レクサスクライメイトコンシェルジュ」も搭載。オープン/クローズの状況に合わせてエアコンの制御を変更するという機能もセリングポイントとなっている。

(webCG)

◆レクサスLC500 コンバーチブルモデルのフォトギャラリーはこちら

関連キーワード:
LC, レクサス, ロサンゼルスモーターショー2019, 自動車ニュース

レクサス LC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.12.2 試乗記 レクサスの最上級スペシャリティーモデル「LC」に、待望の「コンバーチブル」が登場。満を持してリリースされた、現行レクサスで唯一のオープントップモデルは、ライバルとは趣を異にする“ユニークな魅力”の持ち主だった。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2021.5.11 試乗記 デビューから3年を経て、一段とブラッシュアップされたルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノースポール」。出力を増したエンジンや最新のエキゾーストシステムを搭載する、改良モデルの走りとは?
ホームへ戻る