ピンクグレーのボディーカラーと専用インテリア採用の限定車「フィアット500イレジスティービレ」登場

2019.11.21 自動車ニュース
フィアット500イレジスティービレ
フィアット500イレジスティービレ拡大

FCAジャパンは2019年11月20日、コンパクトカー「フィアット500」および同オープンモデル「500C」に特別な専用内外装を採用した限定車「イレジスティービレ」を設定し、同年11月30日に発売すると発表した。

フィアット500Cイレジスティービレ
フィアット500Cイレジスティービレ拡大
インストゥルメントパネルにはアイスと呼ばれるホワイト系のカラーを採用。
インストゥルメントパネルにはアイスと呼ばれるホワイト系のカラーを採用。拡大
ブラックとアイスを組み合わせた2トーンのキルティング表皮のシートが採用された「イレジスティービレ」。
ブラックとアイスを組み合わせた2トーンのキルティング表皮のシートが採用された「イレジスティービレ」。拡大
特別装備される16インチサイズのクロスメッシュデザインアルミホイールは、ポリッシュ仕上げとなっている。
特別装備される16インチサイズのクロスメッシュデザインアルミホイールは、ポリッシュ仕上げとなっている。拡大

今回の500イレジスティービレおよび500Cイレジスティービレは、最高出力85PSを発生する0.9リッターの2気筒「ツインエア」エンジンを搭載する「ツインエア ラウンジ」モデルをベースに、500シリーズ初採用となるピンクグレーのボディーカラーや専用インテリアが採用されたモデル。

エクステリアでは前述の専用ボディーカラーのほかに、クローム仕上げエクステリアミラーハウジングやポリッシュ仕上げのクロスメッシュデザインアルミホイールが特別装備され、インテリアには、アイスと呼ばれる上品なホワイトのインストゥルメントパネルを採用。シートには、ブラックとアイスを組み合わせた2トーンのキルティングおよびステッチ加工が施されている。

モデル名の「イレジスティービレ(Irresistibile)」は、イタリア語で「あらがえない/たまらない」を意味し、周囲を魅了する同モデルの個性を表現。乗る人を魅力的に演出し、自由を謳歌(おうか)する現代女性にふさわしいと、FCAジャパンは説明している。


価格は500イレジスティービレが279万円、500Cイレジスティービレが299万円。前者が台数185台、後者が同75台の限定で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500ev(RWD/4MT)【試乗記】 2021.10.23 試乗記 日本でも大人気の2代目「フィアット500」をベースに、パワートレインを電動化した「フィアット500ev」。電気で走る“往年の名車”は、私たちにどんな景色を見せてくれるのだろうか? モダンなのにクラシックなその走りと、唯一無二の魅力をリポートする。
  • 日産ノート オーラGレザーエディション(FF)【試乗記】 2021.10.2 試乗記 「日産ノート」の派生モデルとして登場した、ハイブリッドのプレミアムコンパクト「ノート オーラ」。日産が「上質をまとったコンパクト」とうたうニューモデルは、言葉にたがわぬ仕上がりとなっているのか。本革仕様の「Gレザーエディション」で確かめた。
  • ホンダNSXタイプS(4WD/9AT)【試乗記】 2021.10.8 試乗記 ハイブリッドスーパースポーツ「ホンダNSX」の生産終了に合わせて登場した、高性能バージョン「NSXタイプS」。その洗練された走りは、たゆまぬ開発の到達点として納得できるだけの、完成度の高さをみせてくれた。
  • トヨタ・カローラ クロスZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.10.5 試乗記 半世紀以上におよぶ「トヨタ・カローラ」の歴史において、初のSUVとなる「カローラ クロス」。「新空間 新感覚 COROLLA」を開発コンセプトに掲げるニューモデルの仕上がりは? 純ガソリンエンジン車の上級グレードで試した。
  • マツダ2 15Sブラックトーンエディション(FF/6MT)【試乗記】 2021.10.6 試乗記 前回のフルモデルチェンジから7年を経たマツダのBセグメントコンパクト「マツダ2」。ライバルが続々と全面刷新されるなかにあって、このクルマが依然として持ち続けるアドバンテージとはなんなのか? 進化を遂げた1.5リッターのガソリン車で確かめた。
ホームへ戻る