クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

さらば「マセラティ・グラントゥーリズモ」 イタリアが生んだ名車の足跡をたどる

2019.12.02 デイリーコラム

12年の歴史を締めくくるワンオフモデル

2019年11月11日、マセラティは「グラントゥーリズモ」をベースとするワンオフモデル「グラントゥーリズモ ゼダ(GranTurismo Zeda)」の製作を全世界に向けて発表した。

「ゼダ」とはモデナ地方の方言で、アルファベット最後の文字「Z」を意味するとのこと。つまりグラントゥーリズモ ゼダは、イタリア・モデナ工場における「グラントゥーリズモ/グランカブリオ」の生産が終了することを、世界に宣言するモデルなのだ。

マセラティ・グラントゥーリズモは2007年春、ジュネーブショーで“ワールドプレミア”に供された。スタイリッシュながらフル4シーターの車内空間を実現したボディーは、名門ピニンファリーナの手になるもの。1947年の「マセラティA6 1500」に架装されたピニンファリーナ製クーペを現代的に解釈したというデザインワークは、当時同社に在籍していたジェイソン・カストリオータ氏が担当したといわれる。

パワーユニットは、「フェラーリF430」系とブロックなどの基本設計を共有する自然吸気のV型8気筒エンジン。当初は前任モデルにあたる「マセラティ・クーペ/スパイダー」から踏襲された4.2リッターのみの設定だったが、程なく最高出力440PS、最大トルク490N・m(50.0kgf・m)を発生する4.7リッター版も追加された。

また2009年秋のフランクフルトショーでは、オープンモデルのグランカブリオを追加。この後も、グラントゥーリズモ/グランカブリオともに数回にわたるアップデートを行い、最終型に相当する2018年モデルでは、両モデルに「スポーツ」と「MC」をラインナップした。

マセラティ・グラントゥーリズモ ゼダ
マセラティ・グラントゥーリズモ ゼダ拡大
2007年のデビュー当初の「グラントゥーリズモ」。現行型とは異なる、やや柔らかい印象のフロントまわりに注目。
2007年のデビュー当初の「グラントゥーリズモ」。現行型とは異なる、やや柔らかい印象のフロントまわりに注目。拡大
本革素材をふんだんに用いた上質なインテリア。4人乗車を可能にする車内空間の広さも、「グラントゥーリズモ」の特徴だった。
本革素材をふんだんに用いた上質なインテリア。4人乗車を可能にする車内空間の広さも、「グラントゥーリズモ」の特徴だった。拡大
2009年のフランクフルトショーに出展された、オープンモデルの「グランカブリオ」。
2009年のフランクフルトショーに出展された、オープンモデルの「グランカブリオ」。拡大
マセラティ の中古車

人気モデルが生産終了となる事情

2007年の発表以来、12年にわたり生産されるロングセラーとなったばかりでなく、累計の生産台数はグラントゥーリズモで2万8805台、グランカブリオでは1万1715台に達したとのこと。マセラティという高級ブランドを象徴するエクスクルーシブなクーペ/カブリオレ、しかも近年では「ギブリ」や「レヴァンテ」に生産の中心が移行していることを勘案すれば、十分という以上のヒットモデルとなったと断じてもよいかと思われる。

しかし、そんな人気モデルが惜しまれつつ表舞台から姿を消すには、クルマそのものの旧態化以外にも、やむを得ない事情があるようだ。

まずは車両生産拠点の問題。今回発表されたリリースによると、次期グラントゥーリズモとグランカブリオは、これまでのモデナ工場ではなくトリノで生産される予定とのこと。おそらくは現行ギブリや「クアトロポルテ」と同じ、もともとはカロッツェリア・ベルトーネのグルリアスコ工場だった「アッヴォカート・ジョヴァンニ・アニェッリ」工場で行われるのだろう。生産拠点の集約は、近い将来の電動化への取り組みを生産面から考えれば、心情的には残念ながら正しい選択とも思われる。

一方、オルシ親子による1947年の移転以来、長らくマセラティの名車を生み出してきたヴィアーレ・チーロ・メノッティのモデナ工場では、新型ハイパフォーマンススポーツカーの生産に向けた改修が始まっている。2019年11月20日には、この工場でつくられることになるという「ミュール(試作車)」が工場から走りだす姿を写したオフィシャル写真が公開されたことは、『webCG』でもすでにお知らせしたとおりである。

成田空港で行われた、2018年モデルの日本発表会の様子。12年のモデルライフで「グラントゥーリズモ/グランカブリオ」は約4万台が生産された。
成田空港で行われた、2018年モデルの日本発表会の様子。12年のモデルライフで「グラントゥーリズモ/グランカブリオ」は約4万台が生産された。拡大
イタリア・モデナに位置するマセラティの本社。「グラントゥーリズモ/グランカブリオ」は同地の工場で生産されていた。
イタリア・モデナに位置するマセラティの本社。「グラントゥーリズモ/グランカブリオ」は同地の工場で生産されていた。拡大
1万台目の「クアトロポルテ」のラインオフを祝うアニェッリ工場のスタッフ。次期型「グラントゥーリズモ/グランカブリオ」はこの工場で生産される見込みだ。
1万台目の「クアトロポルテ」のラインオフを祝うアニェッリ工場のスタッフ。次期型「グラントゥーリズモ/グランカブリオ」はこの工場で生産される見込みだ。拡大
マセラティが2020年5月の発表を予定している、新型ミドシップスポーツカーの試作車。
マセラティが2020年5月の発表を予定している、新型ミドシップスポーツカーの試作車。拡大

次期型はマセラティ史上初のフルEV

そしてもうひとつ、ガソリンエンジンを生産するフェラーリ側の意向も考えられよう。ギブリ/クアトロポルテ/レヴァンテに搭載される3リッターV6ツインターボ、クアトロポルテ/レヴァンテ用の3.8リッターV8ツインターボとは別ラインで、数字の上では少数となってしまった専用の自然吸気4.7リッターV8をアセンブルしなければならないのは、マセラティのエンジン生産を一手に受託しているフェラーリにとっても、大きな負担となったようなのだ。

ここで最も注目すべきは、グラントゥーリズモ/グランカブリオの後継車が「マセラティ史上初のフルEV(電気自動車)となり、マセラティの電動化という新時代の到来を告げるモデルになる」という公式声明である。それは2014年にショーデビューしたコンセプトカー「アルフィエーリ」のことなのか、それともまったく新しいモデルになるのか、現時点では明かされていない。

いずれにせよ、古きよきポート噴射&自然吸気V8の美しい息吹がマセラティから失われることに一抹の寂しさを感じつつも、同時に次世代のマセラティ製EVに期待を寄せたいところである。

(文=武田公実/写真=マセラティ/編集=堀田剛資)

2018年モデルの「MC」に搭載された4.7リッターV8エンジン。「グラントゥーリズモ/グランカブリオ」のエンジンは、ハイチューンな自然吸気の大排気量エンジンという、今や希少なパワーユニットだった。
2018年モデルの「MC」に搭載された4.7リッターV8エンジン。「グラントゥーリズモ/グランカブリオ」のエンジンは、ハイチューンな自然吸気の大排気量エンジンという、今や希少なパワーユニットだった。拡大
2014年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスに出展されたコンセプトカー「アルフィエーリ」。
2014年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスに出展されたコンセプトカー「アルフィエーリ」。拡大
12年にわたるモデルライフに幕を下ろす「グラントゥーリズモ/グランカブリオ」。EVになるという次期モデルの出来栄えに期待したい。
12年にわたるモデルライフに幕を下ろす「グラントゥーリズモ/グランカブリオ」。EVになるという次期モデルの出来栄えに期待したい。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

マセラティ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。