現行モデルはこれで最後! 「ルノー・ルーテシア ルノースポール」に50台の限定モデル

2019.12.06 自動車ニュース
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー ファイナルエディション
ルノー・ルーテシア ルノースポール トロフィー ファイナルエディション拡大

ルノー・ジャポンは2019年12月5日、「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」に特別仕様車「ルノースポール トロフィー ファイナルエディション」を設定し、販売を開始した。

 
現行モデルはこれで最後! 「ルノー・ルーテシア ルノースポール」に50台の限定モデルの画像拡大
 
現行モデルはこれで最後! 「ルノー・ルーテシア ルノースポール」に50台の限定モデルの画像拡大
 
現行モデルはこれで最後! 「ルノー・ルーテシア ルノースポール」に50台の限定モデルの画像拡大

ルーテシアR.S.は、ルノーのBセグメントコンパクト「ルーテシア」をベースに、高出力の1.6リッター直4直噴ターボエンジンや、専用チューニングのシャシーなどを採用した高性能スポーツモデルである。

ルノースポール トロフィー ファイナルエディションは、現行モデルの販売終了に合わせて設定された特別限定車であり、50台が販売される。特徴はブラックアウトされた前後のロザンジェ(ひし形のルノーマーク)を含むエンブレムやシャークフィンアンテナなどで、ルノー・スポールのテスト/開発ドライバーを務めるロラン・ウルゴン氏のサイン入りシリアルプレートも装備される。

ボディーカラーは「ブラン グラシエ」のみ。価格は340万2000円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
ルーテシアR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー ルーテシアR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
  • 「ルノー・トゥインゴEDC」の装備が充実 駐車がより安全に 2020.5.12 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年5月12日、コンパクトカー「トゥインゴEDC」「トゥインゴEDCキャンバストップ」の一部仕様を変更し、同日、販売を開始した。リアカメラとバックソナーを標準化することで安全性が高められている。
  • ルノー・トゥインゴEDCキャンバストップの仕上がりを試す 2020.2.6 暮らしをシンプルに彩る ルノー・トゥインゴ!<PR> フランス車ならではの個性的なスタイリングとRRレイアウトがもたらすファン・トゥ・ドライブで人気の「ルノー・トゥインゴ」のモデルラインナップに、屋根が開く「キャンバストップ」と5段MTの「S」という2つの“個性”が仲間入り! キャンバストップを街に連れ出し、日本の使用環境との親和性をチェックした。
  • 視認性を高めてより安全に 「ルノー・トゥインゴ」の限定車「ブリヤント」発売 2020.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年5月14日、コンパクトカー「ルノー・トゥインゴ」に台数100台の限定車「トゥインゴ ブリヤントEDC/ブリヤントEDCキャンバストップ」を設定。同日、販売を開始した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る