ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を発表 操る楽しさを追求した後輪駆動モデル

2020.01.06 自動車ニュース
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD拡大

伊ランボルギーニは2020年1月4日(現地時間)、ミドシップスポーツカー「ウラカン」シリーズの新たな後輪駆動モデル「ウラカンEVO RWD」を発表した。

 
ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を発表 操る楽しさを追求した後輪駆動モデルの画像拡大
 
ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を発表 操る楽しさを追求した後輪駆動モデルの画像拡大
 
ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を発表 操る楽しさを追求した後輪駆動モデルの画像拡大
 
ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を発表 操る楽しさを追求した後輪駆動モデルの画像拡大
「ウラカンEVO RWD」(右)と「ウラカンEVO」(左)。
「ウラカンEVO RWD」(右)と「ウラカンEVO」(左)。拡大

ウラカンを含め、ランボルギーニの現行モデルでは基本的に駆動方式は4WDとなっているが、同車ではこれを省くことで車両重量を1389kg(乾燥重量)に軽減。5.2リッターV10エンジンについては、最高出力が610PS、最大トルクが560N・mに抑えられているが、それでもパワーウェイトレシオは2.28kg/PSとなっており、0-100km/h加速が3.3秒、最高速が325km/hという動力性能を実現している。同時に、RWDならではの挙動変化や40:60の前後重量配分などにより、「ピュアなドライビングを楽しむ」ためのクルマにも仕上がっているという。

モード切り替え機構付きのトラクションコントロールシステム「P-TCS」もRWD専用に調整されており、「STRADA」モードではグリップの低い路面でシステムが先を見越してトルクを管理。「SPORT」モードではドリフト走行を楽しめるよう適度な後輪の横滑りは許容しつつ、急激なオーバーステアを検知すると駆動トルクを抑制し、車両の挙動を安定させる。

また「CORSA」の場合はコーナー出口で最適なトラクションを得られるよう、後輪のスリップを調整。同システムによるトラクション制御は、過去にラインナップされていた後輪駆動モデル「ウラカンRWD」より30%スムーズになり、コーナー出口でのトラクションは20%、オーバーステア時には30%向上しているという。

このほかにも、ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリングも最適なフィードバックを得られるよう専用にチューニング。後輪操舵機構を備えるなど、走りに関する装備類も充実している。

エクステリアデザインも4WDモデルとは一部が異なり、フロントにはより大型のエアインテークと専用形状のフロントスプリッター、垂直フィンを採用。リアに備わるディフューザーもRWD専用のものとなっている。

日本での価格は2653万9635円。納車については2020年春以降となる予定。

(webCG)

関連キーワード:
ウラカン, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.9.28 試乗記 ランボルギーニの旗艦車種「アヴェンタドール」に、さらなる高性能モデル「SVJ」が登場。よりパワフルな6.5リッターV12エンジンを搭載し、先進の可変空力デバイス「ALA」を備えたアヴェンタドールの最終進化形を、クローズドコースで試した。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • ランボルギーニが台数63台の限定モデル「アヴェンタドールSVJ 63ロードスター」を公開 2019.8.20 自動車ニュース ランボルギーニが米国の自動車イベントで「アヴェンタドールSVJ 63ロードスター」を公開。同社のデザインチームであるチェントロ・スティーレと、オーダーメイドサービスを担うアドペルソナム部門が内外装を手がけた台数63台の限定モデルで、既に完売している。
ホームへ戻る