ホンダが「シビック」をマイナーチェンジ 運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備

2020.01.10 自動車ニュース
ホンダ・シビックハッチバック
ホンダ・シビックハッチバック拡大

本田技研工業は2020年1月10日、「シビックセダン」「シビックハッチバック」にマイナーチェンジを実施し、同年1月23日に発売すると発表した。

シビックハッチバック(リアビュー)
シビックハッチバック(リアビュー)拡大
トップロードサンルーフ
トップロードサンルーフ拡大
シビックセダン
シビックセダン拡大
シビック タイプR
シビック タイプR拡大

今回のマイナーチェンジは、エクステリアデザインの変更と、装備の強化が中心となっている。

エクステリアデザインについては、セダンではフロントバンパーやリアガーニッシュのデザイン、アルミホイールのカラーなどを変更。ハッチバックでは、前後バンパー、フロントグリル、リアロアガーニッシュ、アルミホイールのデザインを変更した。インテリアについても、セダンではコンビシートを標準装備化、ハッチバックでは6段MTのシフトノブの形状を変えるといった変更を加えている。

一方、装備では、ハッチバックにトップロードサンルーフを採用したほか、運転支援システム「ホンダセンシング」をセダン、ハッチバックともに全車標準採用とした。

価格は以下の通り。

  • シビックセダン:276万1000円
  • シビックハッチバック:294万8000円

また、ハイパフォーマンスモデル「シビック タイプR」についても、改良モデルの情報先行公開をスタート。公式ウェブサイトに特設ページを開設し、2020年夏の発売へ向けて、開発関係者らのインタビュー動画などを公開している。

(webCG)

関連キーワード:
シビック, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ シビック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2021.2.5 試乗記 欧州のライバルとFF車世界最速争いを繰り広げる「ホンダ・シビック タイプR」が、マイナーチェンジを受けた。派手ではないが、ツウをうならせる改良が施された“現行最終型”の出来栄えやいかに? 進化したその走りを報告する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ハーレーダビッドソンが「パン アメリカ1250」を発売 ブランド初のアドベンチャーモデル 2021.2.24 自動車ニュース ハーレーダビッドソンが大型二輪モデル「パン アメリカ1250」を日本に導入。オンロードとオフロードの双方の走行に適したブランド初のアドベンチャーツーリングモデルであり、新型の水冷エンジンや電子制御サスペンション、車高調整機能などが採用されている。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
ホームへ戻る