ホンダが「シビック」をマイナーチェンジ 運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備

2020.01.10 自動車ニュース
ホンダ・シビックハッチバック
ホンダ・シビックハッチバック拡大

本田技研工業は2020年1月10日、「シビックセダン」「シビックハッチバック」にマイナーチェンジを実施し、同年1月23日に発売すると発表した。

シビックハッチバック(リアビュー)
シビックハッチバック(リアビュー)拡大
トップロードサンルーフ
トップロードサンルーフ拡大
シビックセダン
シビックセダン拡大
シビック タイプR
シビック タイプR拡大

今回のマイナーチェンジは、エクステリアデザインの変更と、装備の強化が中心となっている。

エクステリアデザインについては、セダンではフロントバンパーやリアガーニッシュのデザイン、アルミホイールのカラーなどを変更。ハッチバックでは、前後バンパー、フロントグリル、リアロアガーニッシュ、アルミホイールのデザインを変更した。インテリアについても、セダンではコンビシートを標準装備化、ハッチバックでは6段MTのシフトノブの形状を変えるといった変更を加えている。

一方、装備では、ハッチバックにトップロードサンルーフを採用したほか、運転支援システム「ホンダセンシング」をセダン、ハッチバックともに全車標準採用とした。

価格は以下の通り。

  • シビックセダン:276万1000円
  • シビックハッチバック:294万8000円

また、ハイパフォーマンスモデル「シビック タイプR」についても、改良モデルの情報先行公開をスタート。公式ウェブサイトに特設ページを開設し、2020年夏の発売へ向けて、開発関係者らのインタビュー動画などを公開している。

(webCG)

関連キーワード:
シビック, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ シビック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビック タイプR 2020.2.20 画像・写真 運動性能をさらに向上。改良を受けた「ホンダ・シビック タイプR」の詳細な姿を写真で紹介。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • 【前編】ジャガーXE R-DYNAMIC HSE P300の魅力を探る 2020.3.13 ジャガーE-LINEという選択<AD> 「E-LINE」と呼ばれるジャガーのコンパクトクラスに名を連ねるのが「XE」と「E-PACE」だ。今回、両モデルをワインディングロードに連れ出し、あらためてその魅力を検証。まずは、2020年モデルで大規模なマイナーチェンジが行われた4ドアサルーン、XEのステアリングを握った。
ホームへ戻る