ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を日本初公開 走りをより楽しむための2WDモデル

2020.01.10 自動車ニュース
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD拡大

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは2020年1月10日、「ウラカンEVO RWD」を東京・代官山で日本初公開した。

 
ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を日本初公開 走りをより楽しむための2WDモデルの画像拡大
 
ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を日本初公開 走りをより楽しむための2WDモデルの画像拡大
 
ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を日本初公開 走りをより楽しむための2WDモデルの画像拡大
 
ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を日本初公開 走りをより楽しむための2WDモデルの画像拡大
 
ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を日本初公開 走りをより楽しむための2WDモデルの画像拡大
 
ランボルギーニが「ウラカンEVO RWD」を日本初公開 走りをより楽しむための2WDモデルの画像拡大
ジャパン・アンド・コリア・カントリーマネージャーのフランチェスコ・クレシ氏(左)と、「ウラカンEVO RWD」のローンチマネージャーであるヴィットリオ・ミラノ氏(右)。
ジャパン・アンド・コリア・カントリーマネージャーのフランチェスコ・クレシ氏(左)と、「ウラカンEVO RWD」のローンチマネージャーであるヴィットリオ・ミラノ氏(右)。拡大

2020年春の納車開始を前に実車をお披露目

ウラカンEVO RWDは、V10エンジン搭載のスーパースポーツカー「ウラカンEVO」をベースとした後輪駆動モデルである。車名のRWDは「Rear-Wheel Drive(後輪駆動)」の頭文字であると同時に、「ReWind to pure Driving pleasure(純粋な走りの楽しみに立ち戻れ)」という意も込められており、ランボルギーニは「ピュアなメカニカルパフォーマンスというランボルギーニ本来のエッセンスに立ち戻ることも意味している」と説明している。

ヒューマンマシンインターフェイスもウラカンEVOから進化しており、ボタン式のコントローラーに代わり、センタートンネルに8.4インチの静電容量式マルチタッチスクリーンを配置。これまでのウラカンにはなかった、ワンランク上の高度なコネクティビティーを実現しているという。

今回のイベントでは、ジャパン・アンド・コリア・カントリーマネージャーのフランチェスコ・クレシ氏と、同車のローンチマネージャーであるヴィットリオ・ミラノ氏がスピーチ。クレシ氏は「ランボルギーニの歴史上、最も成功を収めているウラカンファミリーの最新モデルであるウラカンEVO RWDは、ドライバーがパフォーマンスの中心となって、ドライビングエクスペリエンスをコントロールできるモデルです。ランボルギーニの技術の原点を思い出させるウラカンEVO RWDが新たに加わったことで、最高のドライビングを求めるお客さまや、初めてランボルギーニに乗られるお客さまなど、多くの皆さまに魅力を感じていただけることをうれしく思います」と語った。

一方ミラノ氏は、ウラカンEVO RWDのパフォーマンスについて、「再設計されたエアロダイナミクスや、新機能のP-TCS(パフォーマンス・トラクション・コントロール)システムなどと、メカニカルなパフォーマンスがピュアなドライビングエモーションを呼び起こし、安全な車両のコントロールを可能にします」と説明。さらに、「車両重量わずか1389kgと軽量でありながら、8000rpmで610hpのパワー、6500rpmで560N・mのトルクを実現。後輪駆動とダイナミックステアリングを搭載しドライビングの楽しさを最大限に引き出します。また『アドペルソナムプログラム』(ランボルギーニのカスタマイゼーションプログラム)では、無数のボディーカラーやインテリアの素材とカラーから、世界に1台しかない自分だけのウラカンEVO RWDをつくることが可能です」と述べた。

日本におけるウラカンEVO RWDの価格は2653万9635円。デリバリーは、2020年春以降となる予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
ウラカン, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ ウラカン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2020.2.14 試乗記 640PSにパワーアップしたV10エンジンをリアミドに搭載する「ランボルギーニ・ウラカンEVO」。富士スピードウェイ・レーシングコースでの全開試乗に続き、公道で初試乗。進化した4WDスーパースポーツの日常にフォーカスを当ててみた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
  • モデューロXの真価を知る 2020.3.19 匠の技が磨いた走り<AD> ホンダの人気車種をベースに、専用の装備やチューニングで走りを磨いた「モデューロX」シリーズ。その最新モデル「ヴェゼル モデューロX」と軽スポーツ「S660モデューロX」からは、上質な走りにかける、つくり手の情熱が伝わってきた。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • ランボルギーニ・ウラカンEVO(4WD/7AT)【試乗記】 2019.7.19 試乗記 ランボルギーニV10史上最強と言われた、最高出力640psを誇る「ペルフォルマンテ」のエンジンと、全輪駆動、全輪操舵のドライブトレインが採用された「ウラカンEVO」に富士スピードウェイで試乗。ベビーランボの最終形態はどんな進化を遂げたのか?
ホームへ戻る