あのソニーがCESで自動車を発表! コンセプトカー「VISION-S」に見る狙いと思惑

2020.01.20 デイリーコラム

実は初めてではない“ソニーの自動車”

今年(2020年)も1月7日から10日までの4日間、米ラスベガスで世界最大級のエレクトロニクス見本市「CES 2020」が開催された。今回のショーのトレンドをひとことで言い表すなら、それは「異業種への挑戦」だろう。トヨタの出展内容が「街の建設」であり、現代自動車の出展の目玉は「ドローン」だった。そしてソニーは、なんと「クルマ」を発表したのである。

ソニーはこれまでにも、ヤマハの電動ゴルフカートをベースにした「SC-1」というコンセプトカーを製作したことがある。「スマホをクルマにしたらどうなるか」という提案を具現したクルマだ。

SC-1の特長は、車両の前後左右にイメージセンサーを搭載し、360°すべての方向に焦点が合った映像で自車周辺の環境を把握できることだ。しかも搭載するイメージセンサーの感度が高いため、夜間でもヘッドライトなしに外界の様子を視認することが可能となっていた。

もっと面白いのは、通常のクルマなら窓のある部分が、すべて外向けのディスプレイになっていた点である。イメージセンサーで周囲を把握できるので、窓が不要になったことを生かしたのだ。これにより、さまざまな映像を車両の周囲にいる人に対して表示できる。イメージセンサーにより誰が見ているのかを把握し、AI(人工知能)で解析することで、若者向け、子供向けなど、映し出す広告や情報を相手に応じて変えることができたのだ。

自動運転車ではないが、車室内のほか、車外からも遠隔での運転操作が可能など、既存の自動車メーカーとは異なる発想を盛り込んでいたのが特徴だった。

「CES」は毎年1月に米ラスベガスで開催される、世界最大規模のエレクトロニクスの見本市である。かつては「コンシューマーエレクトロニクスショー」が正式名称で、CESはあくまで略称だったが、2018年からはCESが正式名称となった。
「CES」は毎年1月に米ラスベガスで開催される、世界最大規模のエレクトロニクスの見本市である。かつては「コンシューマーエレクトロニクスショー」が正式名称で、CESはあくまで略称だったが、2018年からはCESが正式名称となった。拡大
「CES 2020」でソニーが発表した「VISION-S(ビジョン エス)」。モビリティーにおける“安心・安全”に加え、快適さやエンターテインメント性なども追求する、ソニーの取り組みを体現したコンセプトカーと説明されている。
「CES 2020」でソニーが発表した「VISION-S(ビジョン エス)」。モビリティーにおける“安心・安全”に加え、快適さやエンターテインメント性なども追求する、ソニーの取り組みを体現したコンセプトカーと説明されている。拡大
ソニーが2017年10月に発表した「ニューコンセプトカートSC-1」。現在は自動運転に対応するなど、より完成度を高めた「ソーシャブルカートSC-1」に進化しており、沖縄のリゾート施設などでは、同車を利用したナイトクルーズイベントも催されている。
ソニーが2017年10月に発表した「ニューコンセプトカートSC-1」。現在は自動運転に対応するなど、より完成度を高めた「ソーシャブルカートSC-1」に進化しており、沖縄のリゾート施設などでは、同車を利用したナイトクルーズイベントも催されている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事