「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場

2020.02.12 自動車ニュース
アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター
アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター拡大

英アストンマーティンは2020年2月12日(現地時間)、「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」を発表し、予約注文受け付けを開始した。

 
「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場の画像拡大
 
「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場の画像拡大
 
「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場の画像拡大
 
「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場の画像拡大
 
「アストンマーティン・ヴァンテージ」のオープントップモデル「ロードスター」登場の画像拡大

クーペのエモーショナルな走りの楽しさをさらに高めたとうたわれるヴァンテージ ロードスター。オープントップ化したのみならず、シャシーも専用セッティングとするのがアストン流である。

Zパターンに折りたたまれる電動のファブリックルーフは、コンパクトかつ軽量な構造が特徴だ。車重はクーペから60kgの増加にとどまるほか、トランクスペースの容量は200リッターを確保。開閉操作の高速化にも寄与しており、オープン操作時が6.7秒、クローズ操作時が6.8秒という所要時間は、自動開閉式システムを備えたクルマの中で最速であるという。

パワートレインは最高出力510PS/最大トルク685N・mの4リッターV8ツインターボエンジンと、ZF製8段ATの組み合わせ。0-60mph加速に要するタイムは3.7秒、最高速は306km/h(ルーフクローズ時)と公表されている。

スポーツドライビングに関する基本コンポーネンツはクーペから引き継ぐ一方で、リアダンパーとアダプティブダンピングシステム、スタビリティーコントロールはロードスター専用のチューニングに。「スポーツ」「スポーツ+」「トラック」からなるドライブモードも専用のセッティングとされている。

ヴァンテージ ロードスターの本国イギリスにおける販売価格は、クーペよりも1万2100ポンド(約172万円)高い12万6950ポンド(約1806万円)から。納車は2020年の第2四半期から始まるとアナウンスされている。

(webCG)

関連キーワード:
ヴァンテージ, アストンマーティン, 自動車ニュース

アストンマーティン ヴァンテージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/7MT)【試乗記】 2020.6.4 試乗記 アストンマーティンのピュアスポーツカー「ヴァンテージ」に、新たに伝統的なMT仕様車がラインナップ。多くのスーパースポーツがAT化する時代に、あえてMTを選ぶ意味とは何か? 試乗を通して、その魅力に迫った。
  • アストンマーティンDB11 AMR(FR/8AT)【試乗記】 2019.7.10 試乗記 「AMR」とは、アストンマーティンレーシングの頭文字。競技車両開発のノウハウが注ぎ込まれた、アストンマーティンの高性能市販モデルに冠される名称だ。日本でも販売が開始された最新作「DB11 AMR」は、その名にふさわしい存在なのか。パフォーマンスを確かめてみた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.5 試乗記 アストンマーティンのモデルラインナップの中でも、ピュアスポーツカーとしての役割を担う「ヴァンテージ」。2代目となった“ベビー・アストン”は、正しいエンジニアリングによって鍛えられた“フィジカルの強さ”を感じさせるFRスポーツに仕上がっていた。
  • マセラティMC20 2020.9.10 画像・写真 マセラティが、新型のハイパースポーツカー「MC20」を世界初公開した。発表会は伊モデナ、米ニューヨーク、および東京で同時に行われ、東京の会場には予備を含め世界にまだ4台しかないというMC20のモックアップが持ち込まれた。車両の詳細を写真で紹介する。
  • ジャガーFタイプRダイナミック コンバーチブルP300(FR/8AT)【試乗記】 2020.9.23 試乗記 「ジャガーFタイプ」のマイナーチェンジモデルに試乗。連れ出したのはオープントップモデル「コンバーチブル」の2リッターターボエンジン搭載車。実はこの比較的ライトなグレードこそが、ジャガーの導き出した令和の時代を走るスポーツカーの最適解だ。
ホームへ戻る