第213回:キャスト・スタッフ総入れ替えの痛快女子アクション
『チャーリーズ・エンジェル』

2020.02.20 読んでますカー、観てますカー

ツヨカワ女子が大活躍

エンジェルたちが帰ってきた! 前作『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』が公開されたのが2003年。TVシリーズは1976年に放映が開始されていた。今度の『チャーリーズ・エンジェル』も、美しくて強く賢い女性たちが活躍する痛快アクション映画である。大筋は変わっていないが、ツヨカワ女子の造形は現代的にアップデートされた。

エンジェルと呼ばれるのは、国際機密企業チャーリー・タウンゼント社に所属する女性エージェント。スパイではなく、平和を守る天使なのだ。姿を見せない主催者チャーリーからの指令で、世界を破滅させる悪をやっつける。チャーリーとエンジェルを仲介し、具体的な戦術を示すのがボスレーだ。個人の名前ではなく、タウンゼント社の中間管理職的役職名である。

オープニングは、リオデジャネイロのゴージャスな屋上テラス。富豪の男が美女を口説いているが、逆に言葉責めにあう。彼女がカーテンを使ってその男の動きを封じたところに、武装した美女軍団が登場。エンジェルである。テラスにいた悪党どもを華麗なアクションで蹴散らした。この手の映画では常道の幕開けだが、アガる展開である。口説かれていたサビーナと銃を持って真っ先に飛び込んできたジェーンが今回のヒロインなのだ。

前シリーズ同様、エンジェルは3人組である。もうひとりは、最初は一般人。物語の中で一人前のエンジェルに成長していく。先端科学を研究するエンジニアのエレーナだ。彼女は万能クリーンエネルギーの“カリスト”を開発したが、まだ不完全であることを知っていた。しかし、上司はすぐにマーケットに出すことを決定。危険だと感じたエレーナは、タウンゼント社に連絡する。内部告発をしようというのだ。

 
第213回:キャスト・スタッフ総入れ替えの痛快女子アクション『チャーリーズ・エンジェル』の画像拡大
 
第213回:キャスト・スタッフ総入れ替えの痛快女子アクション『チャーリーズ・エンジェル』の画像拡大
 
第213回:キャスト・スタッフ総入れ替えの痛快女子アクション『チャーリーズ・エンジェル』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事