「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビュー

2020.03.06 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴZ.E.
ルノー・トゥインゴZ.E.拡大

仏ルノーは2020年2月24日、コンパクトな電気自動車(EV)「トゥインゴZ.E.」の概要を発表した。

 
「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビューの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビューの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビューの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビューの画像拡大

トゥインゴZ.E.は、コンパクトハッチバック「トゥインゴ」のEVバージョン。外観上はガソリンエンジン車のトゥインゴとほとんど変わらず、フロントグリルやボディーサイド、ホイールのセンターに見られるブルーの差し色のほか、リアの「Z.E.ELECTRIC」エンブレムなどで環境配慮型の車両であることがアピールされている。

インテリアデザインも同様で、専用のロゴマークが添えられるものの、大きな違いはない。乗車定員はガソリンエンジン車と同じ4人。荷室の容量も変わらず、174~980リッターが確保されている。

リアアクスルに搭載される駆動用電気モーターの最高出力は82PS(60kW)で、最大トルクは160N・m。50km/hまでの発進加速には4秒ほどを要するが、トップスピードはあらゆる高速道路に対応できる135km/hに達するとアピールされる。

トゥインゴZ.E.は容量21.3kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、一充電あたりの航続可能距離(WLTPモード)は180kmと公表される。加速や最高速が制限されるEcoモードを選択すれば215kmまで走行できるようになる。

0-100%の充電時間は、2.3kW(10A)の家庭用電源を使った場合が13時間30分で、7.4kW(32A)のウオールボックス使用時は4時間。22kW(32A)の充電器であれば63分で8割の充電が可能だ。

なお、インポーターのルノー・ジャポンによれば、現時点では日本への導入は予定されていないとのこと。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • 第208回:ルノーはフツーだ! 2021.6.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。3カ月前に購入した“俺のナロー”こと愛車「トゥインゴ」は、RR車らしい走りが味わえると思いきや、実はこれが意外とフツー。しかしそのフツーっぽさが、フランス車の中にあってのルノーの持ち味なのだと有識者は言うのだった。
  • 「メガーヌ アルピーヌ」が誕生!? ルノーの新戦略で人気の高性能モデルはどうなる? 2021.6.11 デイリーコラム これまでルノースポールが担ってきた事業を、同じグループ・ルノーのアルピーヌが受け継ぐことに。その変化は、これまで「R.S.」の名で親しまれてきた高性能モデルにどんな影響をおよぼすのか? 事情通がリポートする。
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
ホームへ戻る