「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビュー

2020.03.06 自動車ニュース
ルノー・トゥインゴZ.E.
ルノー・トゥインゴZ.E.拡大

仏ルノーは2020年2月24日、コンパクトな電気自動車(EV)「トゥインゴZ.E.」の概要を発表した。

 
「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビューの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビューの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビューの画像拡大
 
「ルノー・トゥインゴ」のEVバージョンが本国でデビューの画像拡大

トゥインゴZ.E.は、コンパクトハッチバック「トゥインゴ」のEVバージョン。外観上はガソリンエンジン車のトゥインゴとほとんど変わらず、フロントグリルやボディーサイド、ホイールのセンターに見られるブルーの差し色のほか、リアの「Z.E.ELECTRIC」エンブレムなどで環境配慮型の車両であることがアピールされている。

インテリアデザインも同様で、専用のロゴマークが添えられるものの、大きな違いはない。乗車定員はガソリンエンジン車と同じ4人。荷室の容量も変わらず、174~980リッターが確保されている。

リアアクスルに搭載される駆動用電気モーターの最高出力は82PS(60kW)で、最大トルクは160N・m。50km/hまでの発進加速には4秒ほどを要するが、トップスピードはあらゆる高速道路に対応できる135km/hに達するとアピールされる。

トゥインゴZ.E.は容量21.3kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、一充電あたりの航続可能距離(WLTPモード)は180kmと公表される。加速や最高速が制限されるEcoモードを選択すれば215kmまで走行できるようになる。

0-100%の充電時間は、2.3kW(10A)の家庭用電源を使った場合が13時間30分で、7.4kW(32A)のウオールボックス使用時は4時間。22kW(32A)の充電器であれば63分で8割の充電が可能だ。

なお、インポーターのルノー・ジャポンによれば、現時点では日本への導入は予定されていないとのこと。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴ, ルノー, 自動車ニュース

ルノー トゥインゴ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • プジョー208アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.3 試乗記 フルモデルチェンジしたプジョーのコンパクトハッチ「208」に試乗。新世代プラットフォームをベースに開発された新型は、運転の楽しさを再認識させてくれるドライバーズカーに仕上がっていた。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
ホームへ戻る