ホンダは3強のバトルをどう戦う? 2020年のF1はここに注目!

2020.03.13 デイリーコラム

2020年は開幕戦から大混乱

待望のF1新シーズン到来。3月13日から始まる開幕戦オーストラリアGPの準備が進められてきたが、今年は世界的に感染が広まっている新型コロナウイルスの影響で先行き不透明な部分が多く、手放しで喜べない状況となっている。

2020年2月の時点で、4月に開催予定だった第4戦中国GPの延期が決定。史上最多の22レースが組まれるタイトなスケジュールにあって、上海でのレースをシーズンのどの時期に再設定できるかという課題が残っている。

さらに開幕戦が近づき、「オーストラリアGPは予定通り行われる」というアナウンスがなされたものの、感染拡大阻止に向けたイタリア各地の封鎖が決まり、フェラーリやアルファタウリ(昨年までのトロロッソ)、公式タイヤサプライヤーのピレリのスタッフの移動についても不安が広がった。加えて第2戦バーレーンGPの主催者は、チケットの販売をいったん中止した後に「無観客レース」とすることを決断。事態は刻々と変化している。

オーストラリアGPの会場でも混乱は続いている。3月12日、体調不良から検査を受けたチームクルー数人のうち、マクラーレンのスタッフから陽性反応が出て、マクラーレンは開幕戦を欠場する判断を下した。その他、サイン会などのファンとの接触機会がなくなり、メディア活動でもドライバーに近づけないといった制限が加えられるなど、まさに異例の展開である。

チームの欠場という事態を受け、F1やFIA(国際自動車連盟)がどのようなアクションを取るかは、本稿執筆時点(日本時間の2020年3月12日夜)では明らかになっていないが、予定通り開幕戦が行われることとして、2月に行われた合同テストの様子を振り返っておきたい。

【追加更新】
日本時間の13日朝、開幕戦オーストラリアGPの主催者、F1、FIAは、同GPをキャンセルすることで合意した。

2月19日から2回に分けて、開幕前の合同テストがスペイン・バルセロナで行われた。テスト期間は、昨年より2日短縮され合計6日間。最多903周を走破したメルセデスを筆頭に、全10チームがニューマシンで走り込んだ。(Photo=Getty Images/Red Bull)
2月19日から2回に分けて、開幕前の合同テストがスペイン・バルセロナで行われた。テスト期間は、昨年より2日短縮され合計6日間。最多903周を走破したメルセデスを筆頭に、全10チームがニューマシンで走り込んだ。(Photo=Getty Images/Red Bull)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事