EVでもターボ、ターボ車でもターボなし!? ポルシェにとって“ターボ”の名が特別な理由

2020.03.20 デイリーコラム

「930ターボ」に始まるポルシェの量産ターボ車

新型コロナウイルスの影響により、例年3月に行われてきたジュネーブモーターショーが開催中止となった。しかし、このときのために準備された新型車の発表までお蔵入りしてしまうのはあまりにも忍びない。各社はプレスカンファンレンスの模様を独自で配信するなど、さまざまな対応を行っている。

ポルシェは同ショーのプレスデーが予定されていた2020年3月3日(現地時間)、新型「911ターボS」を発表した。3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力650PS、最大トルクは800N・mを発生。ターボ専用の8段PDK仕様車の0-100km/h加速タイムはわずか2.7秒で、最高速は330km/hに到達するという。言わずもがな新型911シリーズのトップエンドモデルだ。

ポルシェにとって“ターボ”の文字は特別な意味をもつ。1973年のフランクフルトモーターショーに、911をベースに大きく張り出したホイールアーチと巨大なリアウイングを与え、2.7リッターの水平対向6気筒エンジンにターボチャージャーを搭載したプロトタイプを出展。翌74年のパリモーターショーで「930ターボ」として発表した。市販モデルには新設計の3リッターエンジンを搭載し、1975年に発売。ポルシェ初の量産ターボモデルの誕生だった。正式車名は「911ターボ」となる。これらの技術を活用し、のちに「924」や「944」、さらに「968」といったFRスポーツのトップエンドモデルにもターボが搭載されるようになった。

当時、日本国内ではスーパーカーブームもあって、911ターボの後部にあるエンジンフードの上に備わった小さな“turbo”のロゴは憧れの的になった。カー用品店などでこれを模倣した商品が販売され、ターボ付きではない国産車に貼り付ける人が続出したほどだ。

ちなみに“ターボS”は、1992年にタイプ964の911ターボをベースにエンジン出力を高め、「RS」モデルと同様の軽量化を施した限定車に初めて使用された名称だった。ターボSがカタログモデルとなったのはタイプ996の時代からだ。

2020年3月3日に発表された最新型の「ポルシェ911ターボS」。リアに搭載される3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンは最高出力650PSを発生する。
2020年3月3日に発表された最新型の「ポルシェ911ターボS」。リアに搭載される3.8リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンは最高出力650PSを発生する。拡大
1975年に発売された初代「911ターボ」。3リッターの水平対向6気筒ターボエンジンは最高出力260PSを発生した。
1975年に発売された初代「911ターボ」。3リッターの水平対向6気筒ターボエンジンは最高出力260PSを発生した。拡大
ポルシェ 911 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「オートモビル カウンシル2021」の会場から(WANNA DRIVE/KOA SPEED) 2021.4.10 画像・写真 アメリカンV8を搭載した「ポルシェ911」に、排気量7リッターの「シボレー・カマロZ28」!?  オートモビル カウンシルの会場から、他の展示車両とは一味違うWANNA DRIVEとKOA SPEEDの出展車両を紹介する。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【レビュー】 2021.4.17 試乗記 キャデラックの新型ミッドサイズセダン「CT5」が日本上陸。早速そのステアリングを握った筆者は、ドイツ御三家の高級サルーンにも引けを取らない、洗練された走りに驚かされたのだった。
  • 「オートモビル カウンシル2021」の会場から(スピニングガレージ) 2021.4.10 画像・写真 カルマンが手がけた「ゴルフ カブリオレ」に、珍しくて懐かしい「ゴルフ カントリー」の姿も。オートモビル カウンシルの会場から、「フォルクスワーゲン・ゴルフII」のスペシャリストであるスピニングガレージの展示を紹介する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • キャデラックXT4スポーツ(4WD/9AT)【レビュー】 2021.4.23 試乗記 キャデラック渾身(こんしん)のニューモデル「XT4」に試乗。はやりのSUVだからといって、ルックスだけの一台と思うなかれ。その仕立てや走りの質は、歴史あるアメリカンブランドのプライドを感じさせるものだった。
ホームへ戻る