専用インテリアカラーを採用した「レクサスUX250h“ブラウンエディション”」発売

2020.04.02 自動車ニュース
レクサスUX250h“ブラウンエディション”
レクサスUX250h“ブラウンエディション”拡大

トヨタ自動車は2020年4月2日、レクサスブランドのコンパクトクロスオーバー「UX250h」に特別仕様車“Brown Edition(ブラウンエディション)”を設定し、同日、販売を開始した。

専用カラーのインテリア。写真は「ノーブルブラウン&オーカー」のもの。
専用カラーのインテリア。写真は「ノーブルブラウン&オーカー」のもの。拡大
こちらは「ノーブルブラウン&ブラック」のインテリア。内装色は2タイプから選べる。
こちらは「ノーブルブラウン&ブラック」のインテリア。内装色は2タイプから選べる。拡大
ダークグレーメタリック塗装を施した「エアロベンチレーティングアルミホイール」と、215/60R17タイヤ。
ダークグレーメタリック塗装を施した「エアロベンチレーティングアルミホイール」と、215/60R17タイヤ。拡大

レクサスUX250h“ブラウンエディション”は、「UX250h“バージョンC”」をベースとする特別仕様車。

専用色「ノーブルブラウン&オーカー」「ノーブルブラウン&ブラック」のインストゥルメントパネルにヘアライン加飾を施したオーナメントパネルやスカッフプレートを組み合わせることで、より上質な室内空間が演出されている。

ボディーカラーには、「アンバークリスタルシャイン」をはじめとする全5色を設定。ブラウン系の内装色とのコーディネートにより、都会に映える落ち着いた印象を与えるとアピールされる。

これらを含むUX250h“ブラウンエディション”の特別装備は以下の通り。

  • 専用内装色(ノーブルブラウン&オーカーまたはノーブルブラウン&ブラック)
  • 和紙調シボ加工(ノーブルブラウン)のインストゥルメントパネル
  • ヘアライン加飾を施したオーナメントパネル
  • 215/60R17タイヤ&エアロベンチレーティングアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)
  • LEXUSロゴ付きスカッフプレート
  • パノラミックビューモニター
  • ブラインドスポットモニター
  • パーキングサポートブレーキ(静止物および後方接近車両に対応)
  • ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能および停止位置メモリー機能付き)

価格はFF車が468万5000円で、4WD車が495万円。

(webCG)

関連キーワード:
UX, レクサス, 自動車ニュース

レクサス UX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200 2018.11.27 画像・写真 レクサスの最もコンパクトなクロスオーバーモデル「UX」がデビュー。そのうち新開発の2リッター直4エンジンを搭載する「UX200」の姿を、さまざまなグレードを織り交ぜながら紹介する。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • レクサスNX 2014.4.18 画像・写真 北京モーターショーで発表される、レクサスの新型SUV「NX」の姿を紹介。
  • 「レクサスUX」の特別仕様車“アーバンエレガンス”発売 2020.10.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年10月1日、レクサスブランドのコンパクトSUV「UX」を一部改良するとともに特別仕様車“アーバンエレガンス”を設定し、販売を開始した。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
ホームへ戻る