第20回:レクサスUX(後編)

2019.01.23 カーデザイナー明照寺彰の直言
レクサスUX
レクサスUX拡大

レクサスのグローバル戦略を担うコンパクトSUV「UX」。そのデザインとパッケージングを観察してみると、どうしても看過できない問題に直面した。プラットフォームを共有する「トヨタC-HR」との比較も通し、現役のカーデザイナーがレクサスUXを語る。

「レクサスUX」の荷室。容量は、5人乗車時で220リッター、後席をたたんだ状態で995リッターとされている(アンダーデッキを含まず、VDA方式)。
「レクサスUX」の荷室。容量は、5人乗車時で220リッター、後席をたたんだ状態で995リッターとされている(アンダーデッキを含まず、VDA方式)。拡大
ハイブリッド車「レクサスUX250h」のパワープラントの透視図。
永福:「……この図だと、バッテリーの搭載位置はよく分からないねえ」
ほった:「レクサスに電話で聞いたら、一応、後席の下だそうですけど」
ハイブリッド車「レクサスUX250h」のパワープラントの透視図。
	永福:「……この図だと、バッテリーの搭載位置はよく分からないねえ」
	ほった:「レクサスに電話で聞いたら、一応、後席の下だそうですけど」拡大
アンダーデッキの形状や容量は仕様によって異なり、最も大きな「UX200」で51リッター、最も狭い「UX250h」のFF・スペアタイヤ搭載車で4リッターとなっている。
永福:「つまり、アンダーデッキを含むUXの荷室容量は、224~271リッターってこと?」
ほった:「計算の上ではそうなりますね」
アンダーデッキの形状や容量は仕様によって異なり、最も大きな「UX200」で51リッター、最も狭い「UX250h」のFF・スペアタイヤ搭載車で4リッターとなっている。
	永福:「つまり、アンダーデッキを含むUXの荷室容量は、224~271リッターってこと?」
	ほった:「計算の上ではそうなりますね」拡大
明照寺:「『レクサスUX』、ぱっと見たときは売れるんじゃないか、一般受けするんじゃないかと思ったんですけどねえ」
明照寺:「『レクサスUX』、ぱっと見たときは売れるんじゃないか、一般受けするんじゃないかと思ったんですけどねえ」拡大

ラゲッジルームが狭すぎる!

明照寺彰(以下、明照寺):それと、UXはリアゲートを開けたらあまりにもラゲッジフロアが高くてびっくりしました。

永福ランプ(以下、永福):あれはハイブリッド車の駆動用バッテリーが原因ですかね?

明照寺:いやー、のぞいて見てもあまりよくわからなかったんです。

ほった:えーと。透視図だと分かりにくいですけど、駆動用バッテリーはおおむね後席の下って感じですかね。ちなみに試乗記の取材を担当したwebCG藤沢によると、12Vのバッテリーもこちらに積まれていたらしいです。で、肝心のラゲッジ容量なのですが、220リッターですね。

明照寺:それは狭い!

ほった:この数字だけ見ると、「フォルクスワーゲン・ゴルフ」より160リッター小さい。ちなみに、プラットフォームを共有する「トヨタC-HR」は318リッターです。

永福:えーー!! それ、どういうこと?

ほった:(資料をめくりつつ)……ゴルフの資料には明確な記載がないんですけど、C-HRの荷室容量はアンダーデッキの小物入れを含んだ数値で、UXは“含まず”になってますね。ただ、UXのアンダーデッキは一番大きいものでも51リッターなので、どちらにしろ荷室容量はC-HRより45リッター以上小さいことになります。

永福:この差は大きすぎる。

明照寺:個人的には、UXを見て「これは売れるんじゃないか。一般受けするんじゃないか」と思ったんですけど、荷室がこんなに狭いということに、ユーザーは気づくかなぁ。ラゲッジのフロアが高い分、開口部と同じ高さになっているので、荷物の出し入れはしやすいんですけど。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 アウディQ2 35 TFSIシリンダーオンデマンド スポーツ(FF/7AT)【試乗記】
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200 2018.11.27 画像・写真 レクサスの最もコンパクトなクロスオーバーモデル「UX」がデビュー。そのうち新開発の2リッター直4エンジンを搭載する「UX200」の姿を、さまざまなグレードを織り交ぜながら紹介する。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
ホームへ戻る