最高出力450PS 限定車「BMW M2 CS」が日本上陸

2020.04.07 自動車ニュース
BMW M2 CS
BMW M2 CS拡大

BMWジャパンは2020年4月6日、「BMW M2 CS」を60台の台数限定で導入すると発表した。

 
最高出力450PS 限定車「BMW M2 CS」が日本上陸の画像拡大
 
最高出力450PS 限定車「BMW M2 CS」が日本上陸の画像拡大
 
最高出力450PS 限定車「BMW M2 CS」が日本上陸の画像拡大
 
最高出力450PS 限定車「BMW M2 CS」が日本上陸の画像拡大
 
最高出力450PS 限定車「BMW M2 CS」が日本上陸の画像拡大

BMW M2 CSは「M2コンペティション」がベース。軽量化やエンジンのハイパワー化、シャシー性能の強化などにより、サーキット向けのより高い走行性能を指向しているのが特徴だ。

搭載される3リッター直6ターボエンジンは、M2コンペティションを40PS上回る最高出力450PS/6250rpm、最大トルク550N・m/2350-5500rpmを発生。ダンパーとスタビライザーの特性をサーキット用にチューンしたアダプティブMサスペンションと、電子制御多板クラッチによって左右後輪間の駆動力を最適に配分するアクティブMディファレンシャルも装備する。

エクステリアではルーフとフロントスプリッター、リアスポイラー、ボンネットにCFRP製パーツを採用。ルーフにはサンドイッチ構造を取り入れることでキャビンの遮音性とボディー剛性を強化したほか、ボンネット中央に大型のエアベントを設けることで高性能モデルとしての存在感を強めるとともに、空気抵抗の最適化も図っている。

インテリアにはアルカンターラが用いられたMスポーツステアリングホイールに加えてCFRP製のドアハンドルおよびセンターコンソールを採用。シートは照明付きの「M2」エンブレム入りMコンペティションスポーツシートを装備する。エクステリアのCFRPパーツも合わせて、M2コンペティション比で約30kgの軽量化を実現したという。

価格は6段MTモデルが1260万円で、7段AT(DCT)モデルが1285万円。なお、導入される60台はすでに納入先が決まっており、完売状態とのこと。

(webCG)

関連キーワード:
M2クーペ, BMW, 自動車ニュース

BMW M2クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M850i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.28 試乗記 BMWのラグジュアリークーペ「8シリーズ」に、4ドアバージョンの「グランクーペ」が登場。リアシートの使い勝手や2ドアモデルとの走りのちがい、さらにBMW自慢の「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」の仕上がり具合などをリポートする。
  • 「BMW 8シリーズ クーペ/カブリオレ」に3リッター直6ガソリンエンジン搭載モデルが登場 2020.4.24 自動車ニュース BMWが「8シリーズ クーペ/カブリオレ」に、新モデル「840i」を設定。最高出力340PS(250kW)/5000rpm、最大トルク500N・m(51.1k・gfm)/1600-4500rpmを発生する3リッター直6ガソリンターボエンジンを搭載しており、駆動方式はFRを採用している。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
ホームへ戻る