サー・スターリング・モス逝去 英国が生んだ“ミスターモーターレーシング”の足跡をたどる

2020.04.15 デイリーコラム

引退後も人気は衰えず

サー・スターリング・クロフォード・モスOBE(1929年9月17日ロンドン生まれ)が、4月12日に逝去した。享年90。かねて闘病中であった。

スターリング・モスは、第2次大戦後に英国が輩出したレーシングドライバーのなかでも秀逸なひとりとして評され、引退後もヒストリックカーイベントだけでなく、メルセデス・ベンツのアンバサダーを務めるなど、2018年に完全引退を表明するまで、世界中から引く手あまたの存在であった。

1963年に32歳でレースから引退したにもかかわらず、生涯にわたって高い人気を保ち持ち続けていた要因は、無敵を誇った1955年のダイムラー・ベンツ・チーム期を除けば、戦闘力が劣るマシンながら卓越した技量によって勝利を引き寄せていたことだろう。

戦前にインディ500への出場歴がある歯科医を父に持つスターリング・モスは、1947年に英国内のスピードイベントに「BMW 328」で出場することで、モーターレーシングへの世界に足を踏み入れている。翌48年には、500cc規定のF3レースに「クーパーJAP」で駒を進めたことにより、その才能を開花させた。スポーツカーレースのほか、モンテカルロ・ラリーでは1952年に総合2位、54年は14位と好成績を収めるなど、ジャンルを問わないドライバーとしてキャリアを積み重ねていった。

在りし日のスターリング・モス。モーターレーシング界のレジェンドドライバーとして、各方面で活躍した。(Daimler Archives)
在りし日のスターリング・モス。モーターレーシング界のレジェンドドライバーとして、各方面で活躍した。(Daimler Archives)拡大
2009年に75台が限定生産された「メルセデス・ベンツSLRマクラーレン・スターリング・モス」の横に立つ、サー・スターリング。(Daimler) 
2009年に75台が限定生産された「メルセデス・ベンツSLRマクラーレン・スターリング・モス」の横に立つ、サー・スターリング。(Daimler) 拡大
ビューリーのナショナル・モーター・ミュージアムでの企画展で展示された、500cc F3のキーフトと、F1マシンのヴァンウォール。(The National Motor Museum)
ビューリーのナショナル・モーター・ミュージアムでの企画展で展示された、500cc F3のキーフトと、F1マシンのヴァンウォール。(The National Motor Museum)拡大
自らのレース活動を「BMW 328」で始めたモスは、その縁からか英国での「BMWイセッタ」の発表会ではこのようにスーツ姿でゲストを務めた。(BMW)
自らのレース活動を「BMW 328」で始めたモスは、その縁からか英国での「BMWイセッタ」の発表会ではこのようにスーツ姿でゲストを務めた。(BMW)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事