ただの軽クロスオーバーにあらず 「ダイハツ・タフト」に見る“新しい提案”とは?

2020.04.20 デイリーコラム

コンセプトカー「WakuWaku」から受け継がれるテーマ

2019年の東京モーターショーに出展された、ダイハツのコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」。関係者から「あれをベースにした市販モデルを出します」と聞いたとき、「でも、引き継がれるのはデザインだけでしょ?」と思った。なぜかというと、このクルマが軽ユーザーに示したコンセプトは、昨今の軽乗用車のトレンドからすると、なかなかにチャレンジングに思えたからだ。

ところがである、2020年の東京オートサロンに出展された「TAFTコンセプト」……という名の「タフト」のプロトタイプは、WakuWakuのコンセプトをそのまま受け継いだモデルになっていた。すなわち、“積むこと”に重きを置いた「遊びの世界を広げる軽クロスオーバー」(第46回東京モーターショー出展概要のプレスリリースより)である。

これだけ読むと「なんだ普通じゃん」と思われるかもしれないが、さにあらず。WakuWaku→TAFTコンセプト→タフトと続く一連のモデルには、似たようなキャッチコピーを掲げる他のクルマとは異なり、昨今の軽ワゴンには見られない、あるいは、昨今の軽ワゴンがビミョーに敬遠してきた2つのテーマが、明確に盛り込まれていた。

そのひとつが、後席と荷室に関する提案。ありていに言うと「荷室の使い勝手のために、ちょっと後席を犠牲にしてもいいですか?」というものだ。ダイハツはこのクルマのキャラクターについて、「日常~レジャーシーンまで大活躍」(プロトタイプの資料より抜粋)と説明しているが、開発者の脳内はかなり「日常<遊び」ではなかったかと、記者は勝手に想像しているのである。

ダイハツが満を持してリリースする軽クロスオーバー「タフト」。2020年6月の発売がアナウンスされている。
ダイハツが満を持してリリースする軽クロスオーバー「タフト」。2020年6月の発売がアナウンスされている。拡大
2019年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカー「WakuWaku」。
2019年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカー「WakuWaku」。拡大
2020年の東京オートサロンに出展された「TAFTコンセプト」。きらびやかなメッキグリルは、市販モデルでもディーラーオプションの「メッキパック」に受け継がれている。
2020年の東京オートサロンに出展された「TAFTコンセプト」。きらびやかなメッキグリルは、市販モデルでもディーラーオプションの「メッキパック」に受け継がれている。拡大
「TAFTコンセプト」のテールゲートに貼られた「TAFT」のエンブレム。
「TAFTコンセプト」のテールゲートに貼られた「TAFT」のエンブレム。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「マツダ3セダン」に1.5リッターガソリンエンジン搭載モデルが登場 2020.5.21 自動車ニュース マツダは2020年5月21日、「マツダ3セダン」のモデルラインナップに1.5リッター直4ガソリンエンジン搭載車を追加設定し、販売を開始した。これまで1.5リッターエンジンは「ファストバック」のみに搭載されていた。
  • 「マツダCX-3」にお手ごろ価格の1.5リッターガソリンエンジン搭載車が登場 2020.5.18 自動車ニュース マツダがコンパクトSUV「CX-3」に1.5リッターガソリンエンジン搭載車を設定。FF車では200万円を切る車両価格を実現した、新たなエントリーモデルである。シートの座り心地を改善したり、ボディーカラーに新色を設定したりといった改良も実施している。
  • トヨタ躍進の起爆剤となるか 新型コンパクトSUV「ヤリスクロス」の“強み”に迫る 2020.5.13 デイリーコラム トヨタが満を持して発表した「ヤリスクロス」。成長を続ける欧州コンパクトSUV市場を狙ったニューモデルの、ライバルにはないアドバンテージとは? 実施が差し迫るCO2規制の現状とともに、トヨタのグローバル戦略における、このクルマの重要性を解説する。
  • 第176回:フェラーリ車両保険物語 2020.5.19 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第176回は「フェラーリ車両保険物語」。スーパーカー購入の最大の壁は、高額かつ審査の厳しい自動車保険。最低限の補償内容からフルサポートへと大出世を遂げた筆者の、血と涙の節約エピソードを紹介。
  • 第175回:不要不急の妄想 2020.5.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第175回は「不要不急の妄想」。新型車「トヨタ・ヤリスクロス」のデザインに衝撃を受けた筆者。格段にカッコよく見えるのはなぜ? ベースとなる「ヤリス」との比較を交えながら、その違いを分析する。
ホームへ戻る