ただの軽クロスオーバーにあらず 「ダイハツ・タフト」に見る“新しい提案”とは?

2020.04.20 デイリーコラム

コンセプトカー「WakuWaku」から受け継がれるテーマ

2019年の東京モーターショーに出展された、ダイハツのコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」。関係者から「あれをベースにした市販モデルを出します」と聞いたとき、「でも、引き継がれるのはデザインだけでしょ?」と思った。なぜかというと、このクルマが軽ユーザーに示したコンセプトは、昨今の軽乗用車のトレンドからすると、なかなかにチャレンジングに思えたからだ。

ところがである、2020年の東京オートサロンに出展された「TAFTコンセプト」……という名の「タフト」のプロトタイプは、WakuWakuのコンセプトをそのまま受け継いだモデルになっていた。すなわち、“積むこと”に重きを置いた「遊びの世界を広げる軽クロスオーバー」(第46回東京モーターショー出展概要のプレスリリースより)である。

これだけ読むと「なんだ普通じゃん」と思われるかもしれないが、さにあらず。WakuWaku→TAFTコンセプト→タフトと続く一連のモデルには、似たようなキャッチコピーを掲げる他のクルマとは異なり、昨今の軽ワゴンには見られない、あるいは、昨今の軽ワゴンがビミョーに敬遠してきた2つのテーマが、明確に盛り込まれていた。

そのひとつが、後席と荷室に関する提案。ありていに言うと「荷室の使い勝手のために、ちょっと後席を犠牲にしてもいいですか?」というものだ。ダイハツはこのクルマのキャラクターについて、「日常~レジャーシーンまで大活躍」(プロトタイプの資料より抜粋)と説明しているが、開発者の脳内はかなり「日常<遊び」ではなかったかと、記者は勝手に想像しているのである。

ダイハツが満を持してリリースする軽クロスオーバー「タフト」。2020年6月の発売がアナウンスされている。
ダイハツが満を持してリリースする軽クロスオーバー「タフト」。2020年6月の発売がアナウンスされている。拡大
2019年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカー「WakuWaku」。
2019年の東京モーターショーで発表されたコンセプトカー「WakuWaku」。拡大
2020年の東京オートサロンに出展された「TAFTコンセプト」。きらびやかなメッキグリルは、市販モデルでもディーラーオプションの「メッキパック」に受け継がれている。
2020年の東京オートサロンに出展された「TAFTコンセプト」。きらびやかなメッキグリルは、市販モデルでもディーラーオプションの「メッキパック」に受け継がれている。拡大
「TAFTコンセプト」のテールゲートに貼られた「TAFT」のエンブレム。
「TAFTコンセプト」のテールゲートに貼られた「TAFT」のエンブレム。拡大
ダイハツ タフト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る