マツダの「マツダ2」「CX-5」「CX-8」に安全・快適装備が充実の特別仕様車「スマートエディション」登場

2020.05.28 自動車ニュース
マツダ2 スマートエディション
マツダ2 スマートエディション拡大

マツダは2020年5月28日、5ドアハッチバック「マツダ2」とクロスオーバーSUV「CX-5」、3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」に快適装備や安全装備を充実させた特別仕様車「スマートエディション」を設定し、発売すると発表した。CX-8については同日に予約受け付けを開始し、夏以降の発売となる。

CX-5 スマートエディション
CX-5 スマートエディション拡大
CX-8 スマートエディション
CX-8 スマートエディション拡大

今回のスマートエディションでは、駐車時や狭い場所での運転を支援する「360°ビューモニター」、夜道の視認性向上を図る「アダプティブLEDヘッドライト」(「マツダ2 15Sスマートエディション」はLEDヘッドランプ+ハイビームコントロールシステム)に加え、安全装備や快適装備をそれぞれ充実させている。

各モデルの価格と採用された主な装備は以下の通り。

【マツダ2 15Sスマートエディション】
ベースは「15S」の6AT仕様。価格はFF車が159万8000円で、4WD車が180万7000円。

  • リアダークガラス
  • 6:4分割リアシート
  • アドバンストキーレスエントリーシステム
  • フルオートエアコン
  • スーパーUVカットガラス(フロントドア)&IRカットガラス(フロントガラス/フロントドア)
  • シャークフィンアンテナ
  • 360°ビューモニター

【マツダ2 15Sプロアクティブ スマートエディション】
ベースは「15Sプロアクティブ」の6AT仕様。価格はFF車が179万8000円で、4WD車が200万7000円。

  • スマートブレーキサポート(SBS)&マツダレーダークルーズコントロール(MRCC)
  • レーンキープアシストシステム(LAS)
  • アダプティブLEDヘッドライト(ALH)
  • シャークフィンアンテナ
  • 360°ビューモニター

【CX-5 20S/25S/XDスマートエディション】
ベースは「20S」「25S」「XD」の3モデル。価格は20Sスマートエディション(FF/6AT)が265万1000円、25Sスマートエディション(4WD/6AT)が288万2000円、XDスマートエディション(FF/6AT)が297万円、同(FF/6MT)が297万円、同(4WD/6AT)が320万1000円、同(4WD/6MT)が320万1000円。

  • アクティブドライビングディスプレイ
  • 交通標識認識システム(TSR)
  • アダプティブLEDヘッドライト(ALH)
  • レーンキープアシスト・システム(LAS)
  • 360°ビューモニター

【CX-8 25S/XDスマートエディション】
ベースは「25S」「XDプロアクティブ」の2モデル。価格は25Sスマートエディション(FF/6AT)が309万8700円、同(4WD/6AT)が333万5200円、XDスマートエディション(FF/6AT)が352万円、同(4WD/6AT)が375万6500円。

  • アクティブドライビングディスプレイ
  • アダプティブLEDヘッドライト(ALH)
  • レーンキープアシストシステム(LAS)
  • セーフティークルーズパッケージ
  • 交通標識認識システム(TSR)
  • 360°ビューモニター
  • シグネチャーLEDランプ(フロント&リア)
  • パワーリフトゲート
  • IRカットガラス

(webCG)

関連キーワード:
マツダ2, CX-5, CX-8, マツダ, 自動車ニュース

マツダ マツダ2 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3ファストバック<eスカイアクティブX搭載車> プロトタイプ【試乗記】 2020.11.11 試乗記 「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ」というマツダの新世代エンジン「スカイアクティブX」がバージョンアップ。それで走りはどう変わったのか? 「eスカイアクティブX」と名づけられた新ユニットを搭載する「マツダ3」で確かめた。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
ホームへ戻る