世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタート

2020.06.03 自動車ニュース
ポルシェ911タルガ4Sヘリテージデザインエディション
ポルシェ911タルガ4Sヘリテージデザインエディション拡大

ポルシェジャパンは2020年6月2日、「911タルガ」をベースとした限定車「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」を導入すると発表し、予約受注を開始した。

 
世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタートの画像拡大
 
世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタートの画像拡大
 
世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタートの画像拡大
 
世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタートの画像拡大
 
世界限定992台 「911タルガ4Sヘリテージデザインエディション」の国内受注スタートの画像拡大

ポルシェ911タルガ4Sヘリテージデザインエディションは、新型「911タルガ4S」をベースに1950年代~60年代初頭のデザインエレメントを採り入れた、ポルシェの「ヘリテージデザインモデル」の第1弾だ。最新の911のコードネームに合わせて世界限定992台のみが生産される。ポルシェはヘリテージデザインモデルによって顧客の「50年代、60年代、70年代、80年代の記憶を呼び起こす」と説明しており、全4タイプを展開する予定だという。

エクステリアはチェリーメタリックのボディーカラーとゴールドのロゴで50年代を思わせるクラシカルなスタイルに。フロントフェンダーを飾る槍(やり)型のグラフィックはポルシェのモータースポーツの黎明(れいめい)期に敬意を表したものだ。さらに、ボンネットとホイールセンターキャップ、ステアリングホイール、車両キーには1963年当時のポルシェクレストを採用している。

ツートンレザーのインテリアは、ボルドーレッドレザーとアタカマベージュOLEAクラブレザー、またはブラックレザーとアタカマベージュOLEAクラブレザーの組み合わせ。シートとドアトリムに採用したコーデュロイは「ポルシェ356」に使用していた素材への回帰と、50年代の時代精神と流行の復活を意味するという。クラシカルなグリーン照明のレブカウンター&ストップウオッチに加えて、ダッシュボードにはリミテッドエディションナンバー入りの金属製エンブレムも備わる。

価格は2616万円。トランスミッションは8段のデュアルクラッチ式AT(PDK)のみの設定で、ステアリングの位置は左右から選択できる。

(webCG)

関連キーワード:
911タルガ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ 911タルガ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ718ケイマンT(MR/7AT)【試乗記】 2021.6.29 試乗記 ツーリングの「T」を車名に掲げる、ポルシェの2シーターミドシップスポーツ「718ケイマンT」。最大の特徴は、PASMやスポーツクロノパッケージ、機械式リアデフロックなどで強化したスポーツシャシーにある。果たしてその走りやいかに?
  • ランドローバー・ディフェンダー90 S(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.2 試乗記 新型「ランドローバー・ディフェンダー」はカッコいいけど大きいな~……と悩んでいた人に朗報だ。待ちに待ったショートホイールベース仕様「90」の国内デリバリーがようやくスタート。ロングホイールベース仕様「110」との違いを確かめるべく、早速林道に分け入ってみた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
ホームへ戻る