バッジエンジニアリングの拡大か!? ルノー・日産・三菱の今後のクルマづくりを考える

2020.06.10 デイリーコラム

今こそ将来像を示すタイミング

ルノー、日産、三菱の3社が「競争力と収益性を高める新たなアライアンスの取り組み」を発表したのは、去る2020年5月27日のことである。新型コロナウイルスで大騒ぎのこの時期に、こんなことをわざわざ発表しなければならなかったのは、ルノーと日産の両方が2019年度決算で赤字に転落したからだ。ルノーの赤字は10年ぶり。日産のそれは11年ぶりにして、その赤字額も過去最大級という。今回の決算には実質的に新型コロナの影響はほとんど含まれないことを考えると、今後は赤字幅がさらに拡大する懸念もある。

同アライアンスは知ってのとおり、2018年11月に当時のトップだったカルロス・ゴーン氏が東京地検特捜部に電撃逮捕されて以降、ギクシャクした内部関係が明るみに出てしまった。もっとも、ルノーと日産の経営状態は、長年の急拡大戦略によって、それ以前から不安視されていたことも事実。よって、現役トップの逮捕からギクシャク発覚、そして赤字転落……という一連の展開も“青天のへきれき”や“泣きっ面にハチ”というより、ある意味で必然だったのかもしれない。業績が好調なら、そもそも現役トップが逮捕されるような内紛(?)も起こらなかったと思われる。

いずれにせよ、彼らは今こそ明確な将来像を語る必要があった。そうでないと、新型コロナ収束後に向けた融資や支援を受けられない……ということなのだろう。

2020年5月27日にルノー、日産、三菱の3社が「競争力と収益性を高める新たなアライアンスの取り組み」を発表した。写真はルノーのジャンドミニク・スナール会長。
2020年5月27日にルノー、日産、三菱の3社が「競争力と収益性を高める新たなアライアンスの取り組み」を発表した。写真はルノーのジャンドミニク・スナール会長。拡大
ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事