今のままでホントに大丈夫? “半自動運転時代”の人とクルマの関係を考える

2020.06.22 デイリーコラム

高齢者に買い替えを促す魔法の言葉

昔は“長生き”といえばめでたいことだったが、現代では、年金やら介護やら認知症やら。「年を取るとはリスクを背負い込むことだ」という意識が、今日の高齢者には骨の髄まで染み込んでいる。だから、たとえコロナのリスクがあっても、街へ出れば多くの高齢者がせっせとウオーキングに励んでいるのだ。

高齢化のリスクは、もちろんクルマの運転にもつきまとう。意図的なのではないかと勘ぐりたくなるくらい、テレビのニュースでは、高齢者が高速道路を逆走して事故を起こしたり、アクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニに突っ込んだり、あるいは歩道に乗り上げたりといった事故を連日のように流している。かといって、年を取れば足腰が衰えるのだから、クルマはなかなか手放せない。かくして多くの高齢者が、今日もびくびくしながら運転しているのだ。

筆者も身近な例でそのことを実感した。3年ほど前に両親がクルマを買い替えたときのことだ。もともと買い替える気はなく、定期点検のためにディーラーへ出かけ、待っている間に「最近のクルマに試乗してみますか?」と言われ、誘われるままに試乗したら、自動ブレーキやらカーナビのモニターに車両を上から俯瞰(ふかん)した映像が出る機能やらを説明され、思わず買い替えてしまったらしい。前に乗っていた車種が筆者はけっこう好きだったので、相談なく買い替えられてしまったのはショックだったが、「年寄りにクルマを買い替えさせるのに刃物はいらぬ、事故の怖さを聞かせりゃいい」ということをあらためて思い知った。

しかし、この話にはオチがある。新車が納車されて少したってから実家から電話がかかってきたのだ。「あの、クルマを上から見た画像を出すにはどうしたらいいんだっけ?」。ことほど左様に、こうしたドライバー支援システムは、本来なら高齢者にこそ価値があるシステムであるにもかかわらず、実際には高齢者が使うには操作が難しかったり、分かりにくかったりするために使いこなせないことが多い。

複数のカメラ映像を合成し、自車を上から見下ろしたような映像を表示するアラウンドビューモニター。日産が2007年に初採用した。
複数のカメラ映像を合成し、自車を上から見下ろしたような映像を表示するアラウンドビューモニター。日産が2007年に初採用した。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事