「ロータス・エキシージ」に誕生20周年記念モデル登場 世界で150台の特別限定車

2020.07.03 自動車ニュース
ロータス・エキシージ スポーツ410 20thアニバーサリーエディション
ロータス・エキシージ スポーツ410 20thアニバーサリーエディション拡大

ロータスの正規輸入元であるエルシーアイは2020年7月3日、「エキシージ」の特別仕様車「エキシージ スポーツ410 20thアニバーサリーエディション」を発表。同日、予約受注を開始した。

 
「ロータス・エキシージ」に誕生20周年記念モデル登場 世界で150台の特別限定車の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に誕生20周年記念モデル登場 世界で150台の特別限定車の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に誕生20周年記念モデル登場 世界で150台の特別限定車の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に誕生20周年記念モデル登場 世界で150台の特別限定車の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に誕生20周年記念モデル登場 世界で150台の特別限定車の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に誕生20周年記念モデル登場 世界で150台の特別限定車の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に誕生20周年記念モデル登場 世界で150台の特別限定車の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に誕生20周年記念モデル登場 世界で150台の特別限定車の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に誕生20周年記念モデル登場 世界で150台の特別限定車の画像拡大
 
「ロータス・エキシージ」に誕生20周年記念モデル登場 世界で150台の特別限定車の画像拡大

「シリーズ1」をほうふつさせるデザインが特徴

現行型ロータス・エキシージは、軽量なボディーにスーパーチャージャー付き3.5リッターV6エンジンをミドシップ搭載した、高性能スポーツモデルである。今回のモデルは初代エキシージの誕生20周年を記念して設定された特別仕様車で、販売台数は世界限定150台。現行の「エキシージ スポーツ410」をベースに、2000年にデビューした「シリーズ1」をオマージュしたレトロ調の内外装デザインとボディーカラーが採用される。

エクステリアについては、ルーフやサイドエアインテークポッド、リアウイングをボディー同色としたほか、リアホイールハウスの前にシャークフィン状のブラックストーンチッププロテクターを装着。ボディーカラーは、シリーズ1に設定された「クロームオレンジ」「レーザーブルー」「カリプソレッド」の3種類の特別色に、当時の「ノーフォークマスタードイエロー」をほうふつさせる「サフランイエロー」および「モータースポーツブラック」「アークティックシルバー」を含めた全6色を用意している。インテリアのアルカンタラトリムもボディーカラーと同系色でコーディネートされ、またシートはシリーズ1の意匠を反映したパネルステッチで装飾される。

さらに、内外装の各所にシリーズ1のサイドビューと「410 SPORT」の文字を組み合わせたブラックシルエットロゴを採用。リアウイングに書かれた「20」のロゴも、このクルマの特徴となっている。

これらを含む同車の装備は以下の通り。

  • 特別デカール(20周年記念ロゴ、サイドシャークフィン、リアウイングエンドプレート”20”デカール)
  • ボディー同色リアウイング/サイドエアインテーク/ルーフ
  • 10スポーク軽量鍛造ブラックアルミホイール
  • アニバーサリーアルカンタラインテリア特別トリムスキーム
  • 20周年記念ブラックカーペットマット
  • フルブラックカーペット
  • ボディー同色HVACパネル(シルバーアイレット/ウインドリフトベゼル/ギアシフトサラウンド)
  • カーボンスポーツシート
  • エアコンディショニング(標準装備)
  • 防音仕様
  • クラリオン製CD/MP3/WMAオーディオ&4スピーカー(⽇本標準装備)
  • クルーズコントロール

オプションは以下の通り。

  • ブラックアルカンタラインテリアスキーム (通常はボディーカラー同色、モータースポーツブラックは標準がブラックのためイエローアルカンタラに変更可能)
  • レッドorイエローキャリパー(標準はブラック):無償選択
  • HVACシルバーパネル(標準はボディー同色):無償選択
  • カーボンシルカバー:25万3000円
  • チタニウムエキゾースト112万2000円
  • リチウムイオンバッテリー+バッテリーコンディショナー:27万5000円

価格は1358万5000円。生産開始は2020年10月、⽇本でのデリバリーは2021年1月以降を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
エキシージ, ロータス, 自動車ニュース

ロータス エキシージ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2019.7.5 試乗記 過給機付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」。7年にわたり連綿と施されてきた改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 卓越した走行安定性と洗練されたエンジンの妙味を堪能した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス・エリーゼ スポーツ220 II(MR/6MT)【試乗記】 2021.5.28 試乗記 小型で軽量、そしてシンプルというロータス伝統の理念を究めた「エリーゼ」が、四半世紀の歴史の幕を閉じる。最後のスタンダード仕様ともいうべき「スポーツ220 II」に試乗し、エリーゼがこれまで歩んできた孤高のストーリーに思いをはせた。
  • 「ロータス・エキシージ」の最後を飾る「ファイナルエディション」2モデルが登場 2021.2.8 自動車ニュース 「ロータス・エキシージ」の最終生産モデル「エキシージ スポーツ390ファイナルエディション/スポーツ420ファイナルエディション」が登場。ともにエンジンの高出力化による動力性能の向上が図られており、また既存のモデルにはない装飾や装備も特徴となっている。
  • ロータス・エキシージ スポーツ410(前編) 2021.1.24 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回ステアリングを握るのは「ロータス・エキシージ スポーツ410」。劇中で主人公・風吹裕矢の愛車として活躍した「ロータス・ヨーロッパ」のDNAを受け継ぐ、軽量ミドシップスポーツの走りとは?
ホームへ戻る