第221回:追突車に乗っているのはサイコ殺人犯かも……
『悪人伝』

2020.07.16 読んでますカー、観てますカー

非イケメンに注目せよ

韓国映画といえばイケメン。そう思っている人は少なくないはずだ。古くからのファンなら、『冬のソナタ』のペ・ヨンジュン、『友へ チング』のチャン・ドンゴン、『アジョシ』のウォンビン、今では『マグニフィセント・セブン』などのハリウッド映画で活躍するイ・ビョンホンの名がすぐに浮かぶだろう。韓流四天王と呼ばれるレジェンドである。最近では『梨泰院クラス』のパク・ソジュン、『愛の不時着』のヒョンビンが話題だ。認めよう。彼らは確かに見目麗しい美男子である。

しかし、イケメンばかりで映画を作ったら、みんなラブコメになってしまうではないか。それも否定しないが、韓国映画のクオリティーを支えているのは非イケメンの俳優たちだということを忘れてはいけない。前に紹介した『タクシー運転手 約束は海を越えて』の主演はソン・ガンホ。『パラサイト 半地下の家族』でも主演を務めている。何というか、味のある顔つきである。ビジュアルで売るタイプではない。ほかにも、アン・ソンギやユ・ヘジンといった素晴らしい俳優たちがいる。

そして、今最も注目されている韓国俳優が、マ・ドンソクなのだ。クマのようなずんぐりむっくりの体形で、二の腕は女性のウエストほどもある。コワモテのおじさんなのだが、笑顔からかわいげがこぼれてしまう。韓国では名前と“ラブリー”を合わせて“マブリー”の愛称で呼ばれているそうだ。日本でも『新感染 ファイナル・エクスプレス』から広く知られるようになり、『ファイティン!』『守護教師』『無双の鉄拳』などでファンが急増した。

気は優しくて力持ち、というコミカルな役柄が多いが、『悪人伝』ではヤクザの親分。本来は凶暴で悪辣(あくらつ)な役柄が似合うのだ。荒ぶる肉体を思うがままに解き放っている。

(c)2019 KIWI MEDIA GROUP & B.A. ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED.
(c)2019 KIWI MEDIA GROUP & B.A. ENTERTAINMENT ALL RIGHTS RESERVED.拡大
 
第221回:追突車に乗っているのはサイコ殺人犯かも……『悪人伝』の画像拡大
 
第221回:追突車に乗っているのはサイコ殺人犯かも……『悪人伝』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事