第169回:悲劇の真実を世界に伝えたキア・ブリザ
『タクシー運転手~約束は海を越えて~』

2018.04.20 読んでますカー、観てますカー

1980年の光州事件を描く

ソウルの街をタクシーが走る。道は大渋滞。至るところで通行止めになっていて、なかなか目的地にたどり着けない。デモ隊が大通りを行進しているせいだ。焦る運転手は腹立ちまぎれに叫ぶ。
「学生たちは勉強していればいいんだ。デモなんてやられると迷惑なんだよ!」
彼はまだ知らないのだ。韓国の政治史における大転換点が訪れようとしていることに。

『タクシー運転手~約束は海を越えて~』は、1980年5月に起きた事実を描いている。韓国民主化運動の画期となった光州事件である。前年の10月26日に朴正煕(パク・チョンヒ)大統領が暗殺され、1961年からの独裁体制に終止符が打たれた。朴は超法規的な措置を連発して“維新体制”を築き上げていたが、これで民主化への期待が膨らんでいった。

大統領代行となった崔圭夏(チェ・ギュハ)によって1980年2月に金大中(キム・デジュン)らが公民権を回復され、金泳三(キム・ヨンサム)、金鍾泌(キム・ジョンピル)を加えた三金時代が幕を開ける。5月になると早期改憲を求める学生が全国でデモを展開し、15日にはソウル駅前に10万人の学生が集結した。しかし、市民の反応は鈍く、指導部はいったん矛を収める決定を下す。

運転手の言葉は、当時の庶民の気分を反映しているものなのだろう。朴政権下で韓国は“漢江の奇跡”と呼ばれる経済成長を実現しており、暮らしの質は確実に向上していた。1961年の1人あたりのGNPは82ドルだったが、1979年には1640ドルに達していたのである。政権と関係の深い財閥に利益誘導する“開発独裁”だったが、政治に関心を持たない一般大衆は理屈より目先の利益がありがたかったに違いない。

運転手のキム・マンソプを演じるのは、ソン・ガンホ。韓流非イケメン俳優の代表的存在である。彼の出演作に凡作なしと言われる名優だ。『復讐者に憐れみを』『グエムル-漢江の怪物-』『シークレット・サンシャイン』とタイトルを並べるだけで、それが誇張ではないことがわかるだろう。

COPYRIGHT c 2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.
COPYRIGHT c 2017 SHOWBOX AND THE LAMP. ALL RIGHTS RESERVED.拡大
 
第169回:悲劇の真実を世界に伝えたキア・ブリザ『タクシー運転手~約束は海を越えて~』の画像拡大
 
第169回:悲劇の真実を世界に伝えたキア・ブリザ『タクシー運転手~約束は海を越えて~』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事