次のプロジェクトもあり!? ホンダが手がける名車再生プランとは?

2020.07.17 デイリーコラム

根強い人気のマシンのために

世界のホンダ、その“ヘリテイジ”を守るのもまたホンダ──そういうことになるだろうか。

TT-F1や世界耐久選手権など、数々のレースを勝ち抜いたレーサー「RVF750」のレプリカモデル「VFR750R(RC30)」を、新たに販売される計150点の純正パーツとともに、ホンダが自ら再生(レストレーション)を行うというぜいたくなプロジェクトがスタートする。

同社が2020年6月30日に発表した「リフレッシュプラン」は、メーカーがダイレクトに行う旧車オーナーのための二輪整備プログラムとしては最も手の込んだものとなる。リフレッシュというと、1993年から行われている初代「NSX」のそれを思い起こす読者も多いと思うが、その整備プランとの連動性はほとんどないらしい。同じホンダ車とはいえ二輪は二輪、四輪は四輪ということだ。

すでに30年以上が経過した1987年発売の国内仕様VFR750R(海外仕様は含まず)、そのコンディションを維持しようと奮闘する現オーナーに向けて、「車両レストア事業」と「純正パーツ供給」の2つの側面からバックアップするという新たな試みだ。前者のプログラムは一年で10台を受注予定とし、一台の修復に1年を費やす見込み。携わるのはたったひとりの熟練メカニックという。

ファンがこぞって型式名であるRC30(あーるしーさんまる)で呼ぶそのマシンは、車両価格148万円(当時)というハイプライスながら国内1000台の限定枠に3000件近い予約が殺到したことで抽選販売となり、瞬く間に完売した超人気車だ。2000年前後にはいったん中古車価格が落ち着いたものの(とはいっても100万円を切ることはほとんどなかったが)、その後は堅調に値上がりを続け、最近では海外のオークションで新車のRC30が1000万円の値をつけるなど、いまだ国内外に根強いファンが存在する。

今回、メーカー自らレストアサービスを開始した「ホンダVFR750R」。国内では1000台が限定販売された、珠玉の高性能バイクである。
今回、メーカー自らレストアサービスを開始した「ホンダVFR750R」。国内では1000台が限定販売された、珠玉の高性能バイクである。拡大
四輪では、高性能スポーツカー「NSX」の初代モデル(1990年~2005年)に対して、リフレッシュプランが用意されている。ホンダのオリジナルレストアサービスとしてはこれが最初のものだった。
四輪では、高性能スポーツカー「NSX」の初代モデル(1990年~2005年)に対して、リフレッシュプランが用意されている。ホンダのオリジナルレストアサービスとしてはこれが最初のものだった。拡大
ホンダの高性能バイクといえば、楕円(だえん)形のピストンを採用した「NR」(1992年)を思い出すファンも多いはず。520万円という価格ともども二輪史に名を刻むモデルだけに、いずれはリフレッシュプランの対象になるかもしれない。
ホンダの高性能バイクといえば、楕円(だえん)形のピストンを採用した「NR」(1992年)を思い出すファンも多いはず。520万円という価格ともども二輪史に名を刻むモデルだけに、いずれはリフレッシュプランの対象になるかもしれない。拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事