往年の名車「フォード・ブロンコ」が復活! 世界的な“クロカン復権”の流れを読み解く

2020.07.27 デイリーコラム

アメリカで懐かしのクロスカントリー車が復活

今や、自動車の文化・販売におけるメインストリームとなっているSUV。しかし、そのカテゴリーの大半が“都市型SUV”と呼ばれるモデルで占められ、ライトユーザーから支持を集めているのは周知のとおりだろう。一方、本気のクロカンのDNAを受け継ぐ“ガチ系ヨンク”も、こだわりのあるコアなユーザーを中心に高い支持を集めている。その筆頭が「ジープ・ラングラー」であり、欧州車ではメルセデス・ベンツの「Gクラス」や「ランドローバー・ディフェンダー」、国産車でも「トヨタ・ランドクルーザー」や「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」といった車種が挙げられる。

このほど、そんなガチ系ヨンクに新たな車種が加わった。かつて存在した車名の復活だから、正確には“戻ってきた”というべきか。アメリカのフォード・モーターカンパニーが、2021年モデルとして新型「ブロンコ」を発表し、受注を開始したのだ。

フォード・ブロンコの初代モデルが登場したのは、現在から半世紀以上前となる1965年のこと。コンパクトな2ドアボディーに脱着式トップを備えるモデルも用意された同車は、民生クロカンの先達(せんだつ)である「ジープ」、あるいは「インターナショナル・スカウト」などの対抗車種として登場した。やがて1970年代に入ると、ブロンコはピックアップトラック「Fシリーズ」の車体をベースに、ボディー後半を荷室とした2ドアRVとして進化していく。しかし、初代ブロンコの愛嬌(あいきょう)を感じさせるキャラクターは継承されず、2代目以降は角目のヘッドライトによる武骨なイメージが強調されていった。

ピックアップトラックのFシリーズがベストセラーの定番となる一方、車台を共有する2ドアRVのブロンコは伸び悩み、やがてフォードはSUVのラインナップを一新する。フルサイズSUVに「エクスペディション」、ミッドサイズに「エクスプローラー」を誕生させ、ブロンコは1996年にひっそりと生産を終了した。

こうして、フォード製SUVとしての役割を次世代モデルに譲ったブロンコだが、開放的な雰囲気を漂わせる初代モデルは“アーリーブロンコ”の愛称で親しまれ、現代でも中古車市場で強気なプライスタグを掲げるほど、高い人気を維持している。

2020年7月13日にフォードが発表した新型「ブロンコ」。いま最も、世界中のクロカン乗りから注目が寄せられているモデルだ。
2020年7月13日にフォードが発表した新型「ブロンコ」。いま最も、世界中のクロカン乗りから注目が寄せられているモデルだ。拡大
1965年に登場した初代「ブロンコ」。“規格もの”のシールドビームを使った丸目2灯のヘッドランプに、この時代のクルマらしい愛嬌が感じられる。
1965年に登場した初代「ブロンコ」。“規格もの”のシールドビームを使った丸目2灯のヘッドランプに、この時代のクルマらしい愛嬌が感じられる。拡大
民生四駆の元祖といえば、なんといっても「ジープ」。1961年には、インターナショナル・ハーヴェスターがより快適性を高めた「スカウト」を発表しており、「フォード・ブロンコ」はこれらのモデルに対抗すべく市場に投入された。
民生四駆の元祖といえば、なんといっても「ジープ」。1961年には、インターナショナル・ハーヴェスターがより快適性を高めた「スカウト」を発表しており、「フォード・ブロンコ」はこれらのモデルに対抗すべく市場に投入された。拡大
1978年にはピックアップトラック「F-100」とコンポーネンツを共用する2世代目に進化。初代のユーモラスな意匠は受け継がれなかった。
1978年にはピックアップトラック「F-100」とコンポーネンツを共用する2世代目に進化。初代のユーモラスな意匠は受け継がれなかった。拡大
1984年には「レンジャー」とシャシーを共用するコンパクトな弟分「ブロンコII」も登場するが、こちらは一代限りで1990年に消滅している。
1984年には「レンジャー」とシャシーを共用するコンパクトな弟分「ブロンコII」も登場するが、こちらは一代限りで1990年に消滅している。拡大
フォード の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事