初戦から圧勝の新型「スープラ」 SUPER GT 2020はその独壇場となるか?

2020.07.31 デイリーコラム

いきなり予想外の結果に

2020年7月19日に富士スピードウェイで行われたSUPER GT開幕戦の結果は衝撃的だった。GT500クラスはKeePer TOM'Sの「GRスープラ」(平川 亮/ニック・キャシディ)が優勝。2位も3位もスープラで、表彰台をスープラ勢が独占した。そればかりか、トップ5にずらりと並んだのだ。「ホンダNSX」の最上位は6位、「日産GT-R」の最上位は7位だった。GT300クラスで優勝したのもこの日が初レースとなるスープラで、トヨタ勢の強さを印象づけた。

GT500クラスは今季、DTM(ドイツツーリングカー選手権)と共通のクラス1規定を導入した。DTMでは禁止している空力開発をGT500クラスでは一部認めるなど、独自のルールを盛り込んでいるので厳密には共通ではないが、シャシーをイチから作り直さなければいけないことに変わりはなく、トヨタ(GR)、ホンダ、日産ともに真っさらの新車を準備した。

トヨタ(TRDをモータースポーツ事業のシンボルとするトヨタカスタマイジング&ディベロップメントに開発を委託)はクラス1規定への切り替えを機に、ベース車を「レクサスLC500」からGRスープラに切り替えた。

SUPER GT 2020の開幕戦を制した、平川 亮/ニック・キャシディ組のNo.37 KeePer TOM'S GR Supra。予選トップからのポール・トゥ・ウインだった。
SUPER GT 2020の開幕戦を制した、平川 亮/ニック・キャシディ組のNo.37 KeePer TOM'S GR Supra。予選トップからのポール・トゥ・ウインだった。拡大
GT300クラスも、勝ったのは「スープラ」(吉田広樹/川合孝汰組のNo.52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT)。GT500クラスの1~5位独占と合わせて、その強さを印象づける結果となった。
GT300クラスも、勝ったのは「スープラ」(吉田広樹/川合孝汰組のNo.52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT)。GT500クラスの1~5位独占と合わせて、その強さを印象づける結果となった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事