EV時代は後輪駆動がメインになる? EVプラットフォームの潮流と「アリア」に見る日産の思惑

2020.08.10 デイリーコラム

続々と登場するEV専用プラットフォーム

2020年7月15日に日産自動車が新型電気自動車(EV)「アリア」の概要を発表し、主要メーカーのEV戦略がほぼ出そろった。アリアは日産では初めてのEV専用プラットフォームを採用するのが特徴だ。既に日産には「リーフ」があるではないか、という声が聞こえてきそうだが、リーフは同社の「Bプラットフォーム」をベースにしたもので、専用プラットフォームとは言えなかった。

2019年6月に包括的なEV戦略を発表したトヨタは、EV専用プラットフォーム「e-TNGA」をスバルと共同開発することを明らかにしているし、2020年秋に初めての量産EV「ホンダe」を発売することを明らかにしたホンダも、このクルマに専用プラットフォームを採用するほか、より大型の車種向けのEVプラットフォームも開発中だ。2025年に150万台のEVを販売することを目指す独フォルクスワーゲン(VW)は、初めてのEV専用プラットフォーム「MEB」を採用した新世代EVの第1弾「ID.3」の受注を、本年(2020年)の6月に開始。9月上旬からデリバリーを始める予定だ。

このように、今後は各社から相次いでEV専用プラットフォームを用いた車種が登場するわけだが、各社のプラットフォームを見ると、その特徴は驚くほど似通っている。キャビンのフロアに電池を薄く敷き詰めるのは当然としても、面白いのは既出のホンダやVWがみなRRの駆動レイアウトを基本にしていることだ。

もっとも、これは考えてみれば当然で、RRのほうが合理的だからである。

日産自動車が発表したSUVタイプの新型EV「アリア」。発売時期は2021年中ごろの予定だ。
日産自動車が発表したSUVタイプの新型EV「アリア」。発売時期は2021年中ごろの予定だ。拡大
ホンダから登場した都市型EVコミューター「ホンダe」。既に欧州では発売済みで、間もなく日本にも投入される。
ホンダから登場した都市型EVコミューター「ホンダe」。既に欧州では発売済みで、間もなく日本にも投入される。拡大
フォルクスワーゲンの「ID.3」には、EV専用プラットフォーム「MEB」が採用されている。
フォルクスワーゲンの「ID.3」には、EV専用プラットフォーム「MEB」が採用されている。拡大
フォルクスワーゲンのEV専用プラットフォーム「MEB」。
フォルクスワーゲンのEV専用プラットフォーム「MEB」。拡大
日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事