三菱が後付けの「ペダル踏み間違い時加速抑制アシスト」を発売

2020.08.20 自動車ニュース
三菱の「ペダル踏み間違い時加速抑制アシスト」は「踏み間違い衝突防止アシスト」が未装着の「eKワゴン」および「eKスペース」に装着できる。
三菱の「ペダル踏み間違い時加速抑制アシスト」は「踏み間違い衝突防止アシスト」が未装着の「eKワゴン」および「eKスペース」に装着できる。拡大

三菱自動車は2020年8月20日、ペダル踏み間違い時の急発進を抑制する後付け安全装置「ペダル踏み間違い時加速抑制アシスト」の販売を、同年9月1日に開始すると発表した。

 
超音波センサーを車両前後バンパーに後付け。約3m以内の壁やガラスなどの障害物が検知できる。
超音波センサーを車両前後バンパーに後付け。約3m以内の壁やガラスなどの障害物が検知できる。拡大
「ペダル踏み間違い時加速抑制アシスト」の車載インジケーター作動時イメージ。
「ペダル踏み間違い時加速抑制アシスト」の車載インジケーター作動時イメージ。拡大
リアバンパーに取り付けられる超音波センサー。
リアバンパーに取り付けられる超音波センサー。拡大

今回の後付け急発進抑制安全装置は、同機能が盛り込まれた「踏み間違い衝突防止アシスト」が未装着の「eKワゴン」および「eKスペース」に装着できる純正用品。すでに使用している車両に対して装備できるのが最大のメリットだ。

車両前後バンパーに後付けした超音波センサーが、前方または後方約3m以内の壁やガラスなど障害物を検知した場合に、室内に取り付ける表示機にランプ点灯とブザーで警告。それでもブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを強く踏み込んだ場合には、表示機上のアラートとブザー音で注意喚起すると同時に、加速を抑制する。

後退時には、壁やガラスなど障害物を検知していない時でもアクセルペダルを踏み過ぎていると判断した場合、アラート表示とブザー音で注意喚起し加速を抑制する機能が備わっている。

価格は7万1500円(取り付け工賃別)。

(webCG)

関連キーワード:
eKワゴン, eKスペース, 三菱, 自動車ニュース

三菱 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKスペース/eKクロス スペース 2020.2.6 画像・写真 三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」がフルモデルチェンジ。新たに設定されたクロスオーバータイプの「eKクロス スペース」も合わせて、その姿を写真で詳しく紹介する。
  • 三菱eKクロス スペースT(FF/CVT)【試乗記】 2020.6.25 試乗記 三菱の新たな軽スーパーハイトワゴン「eKクロス スペース」に試乗。まずは迫力満点のフロントマスクに目が行ってしまうが、肝心の使い勝手はどうなのか。あれこれいじってみるとともに、ワインディングロードにも持ち込んでみた。
  • 三菱eKスペースG(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.13 試乗記 フルモデルチェンジで2代目に進化した、三菱の軽スーパーハイトワゴン「eKスペース」に試乗。内外装の質感向上や装備の充実に加え、後席の居住性や利便性を追求したという新型の仕上がりを市街地と高速道路を舞台に確かめた。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 三菱が軽乗用車「eK」シリーズを一部改良 安全装備などを充実させた特別仕様車も設定 2020.12.24 自動車ニュース 三菱が軽ハイトワゴン「eKワゴン/eKクロス」と軽トールワゴン「eKスペース/eKクロス スペース」に一部改良を実施。同時にeKクロスとeKクロス スペースには、マルチアラウンドモニターなどを装備した特別仕様車「Gプラスエディション」を設定した。
ホームへ戻る