クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ご当地ナンバー 名乗れる地域と名乗れない地域の違いとは?

2020.08.26 デイリーコラム

新たに17のご当地ナンバーが登場

2020年8月上旬、「ダイハツ・タフト」の試乗会で、試乗車がすべて「板橋」ナンバーなのを見て愕然(がくぜん)とした。調べたら、5月11日から交付が始まっていた。しかも、板橋ナンバーが導入されたのと同時に、全国で17の新しいご当地ナンバーの交付が始まっていたのですね。新型コロナによる緊急事態宣言の真っ最中につき、ついローカルニュースを見落としておりました。

新しいご当地ナンバーの一覧はコレです(カッコ内は対象となる地域)。

  • 知床:北見および釧路から独立(斜里町、小清水町、清里町、別海町、中標津町、標津町、羅臼町)
  • 苫小牧:室蘭から独立(苫小牧市)
  • 弘前:青森から独立(弘前市、西目屋村)
  • 白河:福島から独立(白河市、矢吹町、西郷村、泉崎村、中島村)
  • 市川:習志野から独立(市川市)
  • 船橋:習志野から独立(船橋市)
  • 松戸:野田から独立(松戸市)
  • 市原:袖ヶ浦から独立(市原市)
  • 板橋:練馬から独立(板橋区)
  • 江東:足立から独立(江東区)
  • 葛飾:足立から独立(葛飾区)
  • 上越:長岡から独立(上越市、糸魚川市、妙高市)
  • 伊勢志摩:三重から独立(伊勢市、鳥羽市、志摩市、明和町、玉城町、度会町、南伊勢町)
  • 四日市:三重から独立(四日市市)
  • 飛鳥:奈良から独立(橿原市、田原本町、高取町、三宅町、明日香村)
  • 出雲:島根から独立(出雲市、奥出雲町、飯南町)
  • 高松:香川から独立(高松市)
ダイハツの新型軽クロスオーバー「タフト」の試乗車は見慣れぬ「板橋」ナンバーばかりだった。
ダイハツの新型軽クロスオーバー「タフト」の試乗車は見慣れぬ「板橋」ナンバーばかりだった。拡大

10万台のハードル

私が住む東京都杉並区は、2014年に「練馬」から独立して「杉並」ナンバーになっているが、それを知ったのは独立寸前。「えっ、そうなの!?」だった。杉並区も他地域同様、住民にアンケートをとり、独立への賛成意見が圧倒的多数だったことからご当地ナンバーに応募して認定されたらしいが、なにせ大都市部は地域とのつながりが薄い。地域のローカルニュースも目を凝らしていないと入って来ないので、直前まで知らなかった。

新たに導入された「板橋」ナンバーについても、地元の知人に聞いたところ、やはり直前まで知らなかったという。

今回、これほど多くのご当地ナンバーが認可されたのには、2017年に募集要件が緩和されたことが関わっている。具体的には、「対象地域内の登録自動車数が10万台を超えていること」に加えて、「地域内に複数の自治体があり、登録数がおおむね5万台を超え、地域名表示が相当程度の知名度を有すること(観光著名地等)」という要件が付け加えられた。

ご当地ナンバーが認められるには、この登録台数というハードルを越えなければならない。かつて「飛鳥」「奄美」がハネられたのは、この基準を満たしていなかったからだ。その後、離島地域の特例が設けられて「奄美」は2014年に認可。「飛鳥」はこれにも該当しなかったが、今回の要件緩和によって、ついに念願がかなった。

また、「知床」は、従来の「北見」と「釧路」にまたがる地域だが、2008年に静岡・山梨両県にまたがる「富士山」が特例認定されていることもあり、独立を果たしている。

ただ、今回独立が認められた17地域を見ると、都市部の単独自治体が過半数を占めている。単独の場合は10万台という要件は変わらない。登録台数が急増してついに10万台を超えたわけではなく、もともと10万台をクリアしていた自治体が、地元意識に目覚めて続々と独立を果たしているのだ。1960年代のアジア・アフリカ諸国の独立ラッシュみたいなものですね。

2020年5月に追加されたご当地ナンバーの一部。デザインも多彩で、「知床」ナンバーには知床の雄大な自然が描かれている。
2020年5月に追加されたご当地ナンバーの一部。デザインも多彩で、「知床」ナンバーには知床の雄大な自然が描かれている。拡大
「江東」ナンバーには東京ゲートブリッジが描かれている。
「江東」ナンバーには東京ゲートブリッジが描かれている。拡大
朱雀が羽ばたく「飛鳥」ナンバーには、対象地域のさらなる飛躍への願いが込められている。出雲神話に登場する八岐大蛇(やまたのおろち)が描かれた「出雲」ナンバーもカッコイイ。
朱雀が羽ばたく「飛鳥」ナンバーには、対象地域のさらなる飛躍への願いが込められている。出雲神話に登場する八岐大蛇(やまたのおろち)が描かれた「出雲」ナンバーもカッコイイ。拡大

幻の「東京湾岸」ナンバー

しかし、独立を望まない? 地域もある。東京都では江戸川区と大田区だ。ともに登録台数はバッチリだが、どちらも独立の動きはない。

大田区は「品川」ナンバー地域なので、そのままのほうがいいということだろう。「横浜」や「神戸」ナンバーなど好感度の高い地域では、おしなべて独立の機運は低い。江戸川区は、今回「江東」と「葛飾」が独立した「足立」ナンバー地域だが、独立について江戸川区は「検討していない」とのみコメントしている。

江戸川区は、2013年に江東区長がぶち上げた「東京湾岸」ナンバーの誘いに乗った過去がある。この時は港区、品川区、大田区にも声をかけたが、これら「品川」ナンバー地域からはすべて断られ、同意したのは江戸川区だけ。結局空中分解したのか、今回江東区は単独で「江東」ナンバーを獲得した。

ただ江東区に関しては、以前から「豊洲(高級タワマンが林立する埋め立て地)ナンバーがいい」という意見がネット上に存在した。それはご当地ナンバーではなくブランド志向にすぎない。「東京湾岸」ナンバーも同様のにおいがして、ご当地ナンバーの趣旨に反すると感じる。

思えば全国で唯一、「世田谷」ナンバーだけは、導入決定後に住民から反対運動が起き、訴訟まで起きている。大都市部らしく「知らないうちに決まっていた」というのが最大の理由だと聞くが、世田谷という地名はちょっとしたブランドだけに、地元住民に「なんだかこっぱずかしい」「プライバシーの侵害だ」という意識があるようだ。

「軽井沢」ナンバーの構想もあったが(「佐久」と譲らず06年に断念)、仮にそれが実現したら、「世田谷」なんてもんじゃないこっぱずかしさになるだろう。

自動車ナンバープレートの地域名は、自治体名よりも、都道府県名や旧国名や地域名など、ある程度広い範囲のものが本来ふさわしい気がする。まぁ、私の場合、「杉並」ナンバーに何の不満もないですが。なにしろ地元ですから!

(文=清水草一/写真=国土交通省/編集=藤沢 勝)

街で見かけた「葛飾」ナンバーの「トヨタ・シエンタ」。
街で見かけた「葛飾」ナンバーの「トヨタ・シエンタ」。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。