ご当地ナンバー 名乗れる地域と名乗れない地域の違いとは?

2020.08.26 デイリーコラム

新たに17のご当地ナンバーが登場

2020年8月上旬、「ダイハツ・タフト」の試乗会で、試乗車がすべて「板橋」ナンバーなのを見て愕然(がくぜん)とした。調べたら、5月11日から交付が始まっていた。しかも、板橋ナンバーが導入されたのと同時に、全国で17の新しいご当地ナンバーの交付が始まっていたのですね。新型コロナによる緊急事態宣言の真っ最中につき、ついローカルニュースを見落としておりました。

新しいご当地ナンバーの一覧はコレです(カッコ内は対象となる地域)。

  • 知床:北見および釧路から独立(斜里町、小清水町、清里町、別海町、中標津町、標津町、羅臼町)
  • 苫小牧:室蘭から独立(苫小牧市)
  • 弘前:青森から独立(弘前市、西目屋村)
  • 白河:福島から独立(白河市、矢吹町、西郷村、泉崎村、中島村)
  • 市川:習志野から独立(市川市)
  • 船橋:習志野から独立(船橋市)
  • 松戸:野田から独立(松戸市)
  • 市原:袖ヶ浦から独立(市原市)
  • 板橋:練馬から独立(板橋区)
  • 江東:足立から独立(江東区)
  • 葛飾:足立から独立(葛飾区)
  • 上越:長岡から独立(上越市、糸魚川市、妙高市)
  • 伊勢志摩:三重から独立(伊勢市、鳥羽市、志摩市、明和町、玉城町、度会町、南伊勢町)
  • 四日市:三重から独立(四日市市)
  • 飛鳥:奈良から独立(橿原市、田原本町、高取町、三宅町、明日香村)
  • 出雲:島根から独立(出雲市、奥出雲町、飯南町)
  • 高松:香川から独立(高松市)
ダイハツの新型軽クロスオーバー「タフト」の試乗車は見慣れぬ「板橋」ナンバーばかりだった。
ダイハツの新型軽クロスオーバー「タフト」の試乗車は見慣れぬ「板橋」ナンバーばかりだった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事