タフな働くクルマをイメージした「ルノー・カングー」の限定車が登場

2020.09.10 自動車ニュース
ルノー・カングー アシエ
ルノー・カングー アシエ拡大

ルノー・ジャポンは2020年9月10日、台数100台の限定車「ルノー・カングー アシエ」の予約注文受け付けを開始した。同年9月13日までに申込数が販売予定台数を上回った場合には、抽選での販売となる。

 
タフな働くクルマをイメージした「ルノー・カングー」の限定車が登場の画像拡大
 
タフな働くクルマをイメージした「ルノー・カングー」の限定車が登場の画像拡大
 
タフな働くクルマをイメージした「ルノー・カングー」の限定車が登場の画像拡大
 
タフな働くクルマをイメージした「ルノー・カングー」の限定車が登場の画像拡大

今回のカングー アシエは、「フランスの街中を駆け回る、タフな働くクルマをイメージした」という限定車。車名の“アシエ”は、フランス語で“鋼”を意味する。

特徴となるのはダークな色調のコーディネートで、ボディーカラーが専用色「グリ アーバン」(グレー)となるほか、ブラックのホイールセンターキャップやホイールボルトカバー、ボディー同色のフロントグリルブレード、ブラックフロントバンパー、ブラックリアバンパー、ブラックドアミラーが装着されている。

トランスミッションは6段ATと6段MTが選択可能。それぞれ以下の価格と台数で販売される。

  • カングー アシエ(AT車):264万7000円(60台)
  • カングー アシエ(MT車):254万6000円(40台)

(webCG)

関連キーワード:
カングー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー カングー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.17 試乗記 日本でも根強い人気を誇る「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式ATを組み合わせた「ゼンEDC」が登場。新たなパワートレインと、カングーならではのふんわりとした走り心地のマッチングやいかに?
  • ルノー・カングー ゼン(FF/6MT)【試乗記】 2014.6.19 試乗記 日本のルノーの半分を占める人気モデル「カングー」に1.2リッターターボエンジンと6段MT搭載の新グレードが追加設定。マニアが注目する(?)新パワートレインの魅力を味わった。
  • ルノーが新型「カングー」「カングー バン」を発表 フロントマスクを一新 2020.11.16 自動車ニュース 仏ルノーは2020年11月12日(現地時間)、新型「カングー」および「カングー バン」を世界初公開した。フロントマスクが一新されており、力強い形状のヘッドランプとグリル、バンパーによって立体的で彫刻的なデザインになっている。
  • 限定車「ルノー・カングー パナシェ」発売 5色のボディーカラーをラインナップ 2021.1.25 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2021年1月25日、「カングー」に特別仕様車「パナシェ」を設定し、380台の台数限定で販売を開始した。パナシェは「色彩を豊かにする」という意味を持つフランス語であり、5色のボディーカラーを設定している。
ホームへ戻る