「レクサスRC/RC F」の一部改良モデル登場 

2020.09.17 自動車ニュース
「レクサスRC300h“Fスポーツ”」。ボディーカラーは新規色の「ソニッククロム」。
「レクサスRC300h“Fスポーツ”」。ボディーカラーは新規色の「ソニッククロム」。拡大

トヨタ自動車は2020年9月17日、レクサスブランドのクーペ「RC」および「RC F」を一部改良して発売した。

 
「レクサスRC/RC F」の一部改良モデル登場 の画像拡大

RCにはレクサス独自の乗り味である“レクサスドライビングシグネチャー”をより高い次元に昇華することを目指し、操縦性や安定性、乗り心地の向上を図っている。具体的にはスポット溶接打点を追加してボディー剛性を高めたほか、スタビライザーへの高強度鋼材の採用およびリアアッパーアームへの高強度アルミ材の採用によってばね下重量を低減した。

「RC300」では2リッターターボエンジンの最高出力(245PS)の発生回転数を5200-5800rpmまで拡大し、よりパワフルな加速フィールを実現。2.5リッターハイブリッドの「RC350h」ではアクセル操作に対する駆動力制御を最適化することで電動モーターがもたらすレスポンスのよさを際立たせ、ドライバーの意図に忠実でリニアな反応を追求した。

予防安全装備も強化しており、電動パーキングブレーキ/ブレーキホールドとレーダークルーズコントロール、クリアランスソナー&バックソナー、ブラインドスポットモニター、リアクロストラフィックアラートを全車に標準装備とした。

ボディーカラーは新規色「ソニッククロム」を加えた全10色展開としている。

RCのラインナップと価格は以下の通り。

  • RC300:576万9000円
  • RC300“バージョンL”:624万8000円
  • RC300“Fスポーツ”629万9000円
  • RC300h:621万7000円
  • RC300h“バージョンL”:669万6000円
  • RC300h“Fスポーツ”674万7000円
  • RC350:658万4000円
  • RC350“バージョンL”:706万3000円
  • RC350“Fスポーツ”730万7000円
RC F“パフォーマンスパッケージ”
RC F“パフォーマンスパッケージ”拡大
 
「レクサスRC/RC F」の一部改良モデル登場 の画像拡大

一方のRC Fは、マルチメディアシステムが「SmartDeviceLink」「Apple CarPlay」「Android Auto」のスマートフォン連携機能に対応。さらにクリアランスソナー&バックソナーを全車標準装備としたほか、ボディーカラーは新規色「ソニッククロム」を加えた全6色展開とした。

RC Fのラインナップと価格は以下の通り。

  • RC F:1042万円
  • RC F“カーボンエクステリアパッケージ”:1122万円
  • RC F“パフォーマンスパッケージ”:1432万円

(webCG)

関連キーワード:
RC, RC F, レクサス, 自動車ニュース

レクサス RC の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500h 2017.3.16 画像・写真 新世代レクサスの変革を象徴するフラッグシップクーペ「LC」がデビュー。このうち、3.5リッターV6エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドバージョン「レクサスLC500h」の姿を写真で紹介する。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • アウディA4アバント40 TDIクワトロSライン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.28 試乗記 「アウディA4」シリーズについにディーゼルモデルが登場。アウトバーンでならしたその実力は、日本仕様でも健在か? ワゴンボディーやフルタイム4WDもセットになった、ファン泣かせな「A4アバント40 TDIクワトロ」で、その走りを確かめた。
  • プジョー3008 GT BlueHDi(FF/8AT)/リフターGT(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.27 試乗記 国内外で販売好調が伝えられているプジョーだが、その秘密は一体どこにあるのだろうか。ミドルサイズSUV「3008」とマルチパーパスビークル「リフター」の最新モデルに試乗し、快進撃の理由を考えてみた。
  • カワサキ・メグロK3(5MT)【レビュー】 2021.4.9 試乗記 往年のスポーツバイクブランド「メグロ」の名を冠するニューモデルがカワサキから登場。単なる懐古趣味の一台と侮るなかれ、その質感の高さと味わい深いライドフィールは、百戦錬磨のベテランをも満足させてくれるものだった。
ホームへ戻る