第224回:2人の美形オジサンが車内でイチャイチャ?
『ヒットマン エージェント:ジュン』

2020.09.24 読んでますカー、観てますカー

事故で両親を亡くした孤児をスカウト

韓国では240万人を動員したという。『ヒットマン エージェント:ジュン』は、アクション、恋愛、コメディーの要素がミックスされた親切設計のエンターテインメント映画。しかも主人公はイケメン俳優とくれば、ヒットは約束されたようなものである。

冒頭のシーンは下手くそなアニメ。親子3人が乗っているセダンが居眠り運転でセンターラインをオーバーしてきたトラックと正面衝突しそうになった瞬間、後席にいた子供がクルマの外に飛び出してトラックを止める。全然おもしろくないので心配になるが、これは実際にその事故で両親を亡くした少年ジュンの妄想なのだった。マンガが大好きで、悲しみを癒やすために自分がヒーローになる物語を描いていたのだ。

そこに現れたのは、黒いコートに身を包んだサングラスの男。彼はマンガ家になりたいと話す少年から鉛筆を取り上げ、もっと大きな夢を持てと諭す。男はNIS(大韓民国国家情報院)で対テロ保安局のチーフを務めるドッキュだった。高い身体能力を持つ身寄りのない子供をスカウトし、最強の戦士に育て上げる使命を帯びている。少年の父親は、テコンドーの銀メダリスト。優れたDNAを受け継いでいるのは間違いない。

次のシーンでは、彼はNISのジュンというコードネームを持つ敏腕エージェントになっている。単身で犯罪現場に突入し、悪人どもを蹴散らす。彼はドッキュから特訓を受け、秘密組織“猛攻隊”のエースに成長していた。今も趣味でマンガを描いているが、国家の安全を脅かすテロ集団と戦うという重要な任務がある。ジェイソン・リーという凶悪なテロリストが国外に脱出するのを阻止せよと指令を受け、荒天の中ヘリコプターからジェイソンの乗る船に降下した。しかし、パラシュートが開かず、ジュンはそのまま海に落下してしまう……。

© 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
© 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.拡大
 
第224回:2人の美形オジサンが車内でイチャイチャ?『ヒットマン エージェント:ジュン』の画像拡大
 
第224回:2人の美形オジサンが車内でイチャイチャ?『ヒットマン エージェント:ジュン』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事