トヨタがルマンで3連覇! それって“楽勝”だったのか?

2020.09.25 デイリーコラム

驚くほどのハンディキャップ

2020年9月20日の現地時間午後2時30分、第88回ルマン24時間レースが終了の時刻を迎えた。出走した59台のうち、最も長い距離を走った(387周、5272.46km)のはTOYOTA GAZOO Racing(以下トヨタ)の8号車(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー)だった。トヨタは初制覇からの3連覇を果たした。

2017年にポルシェが撤退したことで、最上位カテゴリーのLMP1に属する自動車メーカー系チームはトヨタだけになり、プライベートチームとの戦いになった。この状況から2018年以降は「トヨタが勝って当たり前」と見られがちだが、ルマン24時間はそう簡単に勝てるレースではない。

資金力や人材に裏打ちされた開発能力に関しては、トヨタに圧倒的なアドバンテージがある。参戦車両の性能に歴然とした差があるのは事実だ。その差を埋めてレースをおもしろくするため、ルマン24時間をシリーズの一戦に含むWEC(FIA世界耐久選手権)は2018-2019年シーズンから、EoTと呼ぶ技術均衡調整(SUPER GTなどで採用されているBoPと同種)を導入した。

2019年のルマン24時間はトヨタ8号車が385周を走って優勝。7号車が2位に入った。プライベーターの最上位はSMPレーシング11号車で、同一周回でワン・ツー・フィニッシュしたトヨタと6周の差がついた。この結果を踏まえ、2020年のルマン24時間に向けたEoTはトヨタに厳しくなる方向で修正された。

トヨタTS050ハイブリッドの最低重量は前年より7kg重くされ、895kgになった。プライベーター勢はガソリンエンジンのみを搭載する。トヨタと同一カテゴリーで勝負するのはレベリオンの2台(1号車、3号車)とバイコレスの1台(4号車)だった。いずれも自然吸気エンジン搭載車で、最低重量は816kgに設定された。TS050ハイブリッドより79kgも軽い。

トヨタは1周あたりに使えるガソリンの量が制限されるのに対し、プライベーターは無制限。エンジン出力に影響を与える最大燃料流量は、トヨタが80.0kg/hなのに対し、プライベーター勢は43.75%多い115.0kg/hに規定されている。技術力が同じなら43.75%の差はそのままエンジンパワーの差になる。

1スティントあたりの燃料使用量も規定されており、トヨタは昨年と同じ35.1kgなのに対し、プライベーター勢は昨年より約9%多い55.4kgが割り当てられた。昨年優勝したトヨタ8号車は24時間で34回ピットストップを行ったのに対し、3位と4位のプライベーターは39回ピットに入った。プライベーター勢の燃料搭載量を多くしてピットストップ回数を減らし、競争をより拮抗(きっこう)させるのが狙いだ。

将棋に例えれば、トヨタは飛車角を抜いたうえに金銀桂馬香車を抜いて相手に差し出したようなものである。ハンディを負いすぎの感がなきにしもあらずだが、「どこかがずっと勝ち続けるとファンにとってはおもしろくない。僕らはレースをしているコミュニティーの住人。そのコミュニティーが共存共栄していくために調整は必要だと考えている」と、WECチーム代表の村田久武氏は考えを示した。

2020年のルマン24時間レースでチェッカードフラッグを受ける、セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組のNo.8 トヨタTS050ハイブリッド。
2020年のルマン24時間レースでチェッカードフラッグを受ける、セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組のNo.8 トヨタTS050ハイブリッド。拡大
チャンピオンマシンのNo.8 トヨタTS050ハイブリッド。ゴール後の祝福に、車上のドライバーが応える。
チャンピオンマシンのNo.8 トヨタTS050ハイブリッド。ゴール後の祝福に、車上のドライバーが応える。拡大
表彰式のワンシーン。中央は8号車の3人。トヨタのもう1台、7号車は3位でレースを終えた(写真右)。
表彰式のワンシーン。中央は8号車の3人。トヨタのもう1台、7号車は3位でレースを終えた(写真右)。拡大
新型コロナウイルスの影響が懸念される中での、2020年のルマン。レーシングドライバーをはじめ参加者全員がマスクをしていたレースとしても記憶されることだろう。
新型コロナウイルスの影響が懸念される中での、2020年のルマン。レーシングドライバーをはじめ参加者全員がマスクをしていたレースとしても記憶されることだろう。拡大
トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事