ポルシェ911 GT3 RS(前編)

2020.10.11 思考するドライバー 山野哲也の“目” webCGプレミアム会員向けの新企画がスタート! SUPER GTで3年連続+全日本ジムカーナ選手権で19回のシリーズチャンピオンを獲得するなど、輝かしい実績を誇るレーシングドライバー山野哲也が、箱根のワインディングロードで市販車に乗り、その印象を語る。記念すべき第1回の試乗車は「ポルシェ911 GT3 RS」。

究極のバランス

究極のスポーツモデルともいえるレースカーを操って勝負を競うレーシングドライバー。なにはともあれ「タイムがすべて!」の世界に生きるモータースポーツの選手は、市販の高性能スポーツカーに乗ると、どう感じるのか?

繊細かつ“超”正確なドライビングで日本のジムカーナ界を席巻し、ツーリングカーレースでも活躍。SUPER GTでは2004年から3年続けてチャンピオンに輝くという、素晴らしい実績を残した山野哲也が、現代のスーパースポーツに試乗する。

今回ステアリングホイールを握ったのは、「スポーツカーのドン」というべきポルシェ911。そのエッセンスを凝縮したハイパフォーマンス版、GT3 RSである。リアエンジン・リアドライブ(RR)という独特のエンジンレイアウトを採るジャーマンスポーツを駆って、山野哲也が気づいたこととは!?

ポルシェ911 GT3 RSは、いまや旧型となったタイプ991の最終進化形といっていい。各部の空力を見直したアグレッシブなスタイルに、最高出力520PSにまで強化された4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載する。ボディーや諸装備を簡素にして軽量化。リアシートは取り外され、代わりにチタン製のロールケージが組まれる。車内側のドアオープナーは、“お約束”通りストラップ化されている。

その姿から「さぞやガチガチな乗り心地……」と想像されるが、試乗を終えてスペシャルな911から降りてきた山野哲也は開口一番、「足まわりの『しなやかさ』はさすがですね」と、意外なコメント。「『スパルタンさ』との究極のバランスといっていいんじゃないでしょうか」

 
ポルシェ911 GT3 RS(前編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3 RS(前編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3 RS(前編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3 RS(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ4S(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.8 試乗記 後輪操舵と軽量ボディー、パワーアップしたフラット6に先進運転支援システムと最新のインフォテインメントシステム。ルックスこそ大きく変わらぬ新型=992だが、進化のメニューは実に多彩だ。日本標準仕様となる右ハンドルモデルで、最新「ポルシェ911」の出来栄えを確かめた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911 GT3 RS(RR/7AT)【試乗記】 2019.10.15 試乗記 991型の集大成といえる「ポルシェ911 GT3 RS」に試乗。巨大なリアウイングをはじめ、ド派手なエアロパーツをまとった“スーパーカー”は、公道ではさぞ持て余すかと思いきや、さにあらず。おっかなびっくりのドライブでも十分に留飲の下がるクルマに仕上がっていたのだった。
  • ポルシェ911 GT3 RS(後編) 2020.10.18 思考するドライバー 山野哲也の“目” 山野哲也が箱根のワインディングロードで市販車を試す新企画。991型「ポルシェ911」の最終進化形「GT3 RS」に試乗し、そのリアに積まれる4リッター水平対向自然吸気エンジンについて、レーシングドライバーとしての視点から語ってもらおう。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
ホームへ戻る