ポルシェ911 GT3 RS(後編)

2020.10.18 思考するドライバー 山野哲也の“目” 山野哲也が箱根のワインディングロードで市販車を試す新企画。991型「ポルシェ911」の最終進化形「GT3 RS」に試乗し、そのリアに積まれる4リッター水平対向自然吸気エンジンについて、レーシングドライバーとしての視点から語ってもらおう。

ヤル気にさせる吸気音

前編では911 GT3 RSの足まわりのセッティングに、最大級の賛辞を送った山野哲也。後編ではパワートレインの仕上がりについて語るとともに、911を911たらしめているリアエンジン・リアドライブ(RR)レイアウトについて解説する。

リッター130PSを豪語する自然吸気(NA)エンジンはどうでしょう?
「トルクのおばけ! ……ではありません。4リッターの排気量がありますが、むしろNAエンジンらしい高回転型です」

確かに、520PSの最高出力は8250rpmで発生します。
「一般的なターボエンジンだと、2500~4000rpmくらいで太いトルクが出ますが、GT3 RSは、6000rpmを超えてからでもホイールスピンするくらい、高回転域で本領を発揮します。その際の、クルマ全体で加速する感じがいいですね。レスポンスも素晴らしい。加えて、アクセルオンした瞬間の吸気音にシビレます」

「さらに、トランスミッションのPDKもシフトが俊敏。超高速走行しなくとも、例えば40~50km/h走行でも、ギアを落とす操作に瞬時に応えてブリッピング、シフトダウン。同時に聞こえる吸気音が乗り手をヤル気にさせます!」と、変速機の出来栄えのよさにも感心したようだ。

 
ポルシェ911 GT3 RS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3 RS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3 RS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ911 GT3 RS(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/8AT)【試乗記】 2020.5.12 試乗記 高性能スポーツカー「ポルシェ911」シリーズの中で最もベーシックな「911カレラ」に試乗。その走りは、先行発売された上位モデル「911カレラS」とどう違うのか? ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ911カレラ4カブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.21 試乗記 最新のポルシェは最良のポルシェ……。このような言い回しが流布して久しいが、果たして現在でもこの図式は成り立つのだろうか。まさに最新の992型「911カレラ4カブリオレ」と半日向き合って考えてみた。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • ポルシェ・カイエン ターボS Eハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.10.24 試乗記 車両本体価格2408万円。「ポルシェ・カイエン」シリーズのトップに君臨するのが「カイエン ターボS Eハイブリッド」だ。4リッターのV8ツインターボエンジンをモーターが加勢する、強力無比なプラグインハイブリッドシステムの仕上がりやいかに!?
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
ホームへ戻る