航続距離367kmを実現 レクサス初の電気自動車「UX300e」発売

2020.10.22 自動車ニュース
レクサスUX300e
レクサスUX300e拡大

トヨタ自動車は2020年10月22日、レクサスブランド初となる電気自動車(EV)の市販モデル「UX300e」を発表。2020年度分の、商談申し込みの受け付けを開始した。

 
航続距離367kmを実現 レクサス初の電気自動車「UX300e」発売の画像拡大
 
航続距離367kmを実現 レクサス初の電気自動車「UX300e」発売の画像拡大
 
航続距離367kmを実現 レクサス初の電気自動車「UX300e」発売の画像拡大
 
航続距離367kmを実現 レクサス初の電気自動車「UX300e」発売の画像拡大
 
航続距離367kmを実現 レクサス初の電気自動車「UX300e」発売の画像拡大
 
航続距離367kmを実現 レクサス初の電気自動車「UX300e」発売の画像拡大
 
航続距離367kmを実現 レクサス初の電気自動車「UX300e」発売の画像拡大
 
航続距離367kmを実現 レクサス初の電気自動車「UX300e」発売の画像拡大
 
航続距離367kmを実現 レクサス初の電気自動車「UX300e」発売の画像拡大
 
航続距離367kmを実現 レクサス初の電気自動車「UX300e」発売の画像拡大

ハイブリッドカーで鍛えた電動化技術を投入

レクサスUX300eは、電動化技術により車両の基本性能を進化させ、クルマがもたらす楽しさや喜びを提供し続けることを目指すレクサスのビジョン「Lexus Electrified」に基づいてリリースされる第1弾のモデルとなる。

開発に際しては「LEXUSのEVならではの上質な走りと静粛性」「高い機能性と利便性」「HVで培った電動化技術の高い信頼性」にこだわり、EVとしての価値を最大化しながら、運動性能や日常の使い勝手との「二律双生」を目指したという。

駆動方式はフロントにモーター(最高出力230PS/最大トルク300N・m)を搭載するFWDで、蓄電量54.4kWhのリチウムイオンバッテリーを車体底部に搭載。一充電走行可能距離は、WLTCモードで367kmとアナウンスされている。充電は3kWの普通電源(100%まで約14時間)に加え、CHAdeMO規格の直流急速充電にも対応。充電電力の上限は50kWとなっており、約50分で75%、約80分で100%まで充電が可能となっている。

電装類の省電力性も重視しており、空調については高出力でコンパクトな電気式水加熱ヒーターと内外気2層制御を備えたEV専用エアコンシステムを併用することで、電力消費を抑えつつ速暖性に優れた快適な室内空間を実現。またエアコンと連携する電池冷却システムを採用することで、快適性とバッテリー性能の両立を図っている。

このほかにも、低温/高温下でも正常にバッテリーを動作させる温度調整機能や、過充電防止システム、多重監視のセーフネットの採用などにより、バッテリーの信頼性を向上。充電中は外部電源によってエアコンやオーディオなどを使用可能としたり、専用の携帯端末アプリで車外からの空調の操作や充電のタイマー予約ができるようにしたりと、EVならではの利便性も重視している。

2020年度分の販売台数は135台のみ

UX300eでは「レクサスのEV」に求められる快適な乗り心地や高い静粛性、優れた運動性なども追求されている。

エンジンの搭載による重量物の偏りがないことや、床下のバッテリーがかなえる重心の低さといったEVならではの素性のよさに加え、ボディーに関しては井桁形状の鋼鉄製アンダーフレームの採用、フロントへのクロスメンバーの追加、ステアリングギアボックスへのブレースの追加、リアエンドへの大断面アルミ製バンパーリインフォースの採用などによって剛性を強化。また専用チューニングのパフォーマンスダンパーを装備するなど、車両全体でバランスのとれたボディー剛性とすることで、乗り心地や静粛性の向上、リニアな操舵感の実現を図っている。

足まわりには、ショックアブソーバーの減衰力を最適化するなど、EV化による運動特性の変化に合わせたチューニングを実施。パワートレインの制御には、ドライバーの意図に忠実で滑らかな加減速フィーリングを実現するべく、過度なピッチ挙動を抑制するアクセラレーションピッチコントロールを採用した。

ブレーキング時の挙動についても安定化を図っており、モーターによる回生ブレーキと油圧ブレーキによる制動力をバランスよく協調させることで、過度な姿勢変化のない安心感の高いブレーキフィールを追求。回生ブレーキの減速度はステアリングパドルによって4段階で調整可能となっている。

このほかにも、静粛性に関する点では床下のバッテリーに遮音壁としての機能を持たせたほか、アコースティックガラスをフロントドアに採用するなどして、風切り音や小石などの巻き上げ音を抑制。同時にドライバーが自然な運転感覚を得られるよう、車両の走行状況を音で感じられるアクティブサウンドコントロールを採用している。

ラインナップと価格は「バージョンC」が580万円、「バージョンL」が635万円。2020年度分の販売台数は135台で、申し込みの受け付けはレクサス公式ウェブサイトにより11月4日までの期間で行われる。その後、抽選により当選者を決定し、商談を開始するとしている。

(webCG)

関連キーワード:
UX, レクサス, 自動車ニュース

レクサス UX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスUX200 2018.11.27 画像・写真 レクサスの最もコンパクトなクロスオーバーモデル「UX」がデビュー。そのうち新開発の2リッター直4エンジンを搭載する「UX200」の姿を、さまざまなグレードを織り交ぜながら紹介する。
  • 「レクサスUX」の特別仕様車“アーバンエレガンス”発売 2020.10.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年10月1日、レクサスブランドのコンパクトSUV「UX」を一部改良するとともに特別仕様車“アーバンエレガンス”を設定し、販売を開始した。
  • レクサスUX250h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2019.1.30 試乗記 デザインコンシャスなコンパクトSUVと片付けられそうな「レクサスUX」だが、その本質は走りのよさにある。かつてレクサスが掲げた、実現困難ながらも高潔な志……。それを思い起こさせてくれる一台に仕上がっていた。
  • レクサスUX200“バージョンL”/UX250h“Fスポーツ”/UX250h“バージョンL”【試乗記】 2018.12.29 試乗記 レクサス初のコンパクトクロスオーバー「UX」がいよいよ日本の道を走りだした。小さなSUV系のクルマがモテる今、このニューフェイスは“買い”なのか? パワーユニットや駆動方式の異なる3モデルに試乗し、その印象を報告する。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
ホームへ戻る