ベントレーが「フライングスパーV8」の生産をスタート 日本での納車開始は2021年第2四半期を予定

2020.11.18 自動車ニュース
クルー工場にて、検査工程へ進む「ベントレー・フライングスパー」V8。
クルー工場にて、検査工程へ進む「ベントレー・フライングスパー」V8。拡大

英ベントレーは2020年11月18日、「フライングスパーV8」の生産をクルーの本社工場で開始したと発表した。

 
ベントレーが「フライングスパーV8」の生産をスタート 日本での納車開始は2021年第2四半期を予定の画像拡大
 
ベントレーが「フライングスパーV8」の生産をスタート 日本での納車開始は2021年第2四半期を予定の画像拡大

フライングスパーは、ラグジュアリークーペ「コンチネンタルGT」とプラットフォームを共有するベントレーの大型サルーンである。現行型は2019年6月にデビューしているが、これまでは6リッターW12エンジンの搭載モデルしか設定されていなかった。

今回、生産が開始されたフライングスパーV8は、最高出力550PS、最大トルク770N・mを発生する、4リッターV8ツインターボエンジンを搭載しており、0-100km/h加速は4.1秒、最高速は318km/hという動力性能を発揮。またW12モデルより100kg軽い車重がかなえる、より俊敏でレスポンスの良い走りも特徴として挙げられている。一方で、気筒休止システムを搭載するなど、環境性能にも配慮。燃費はWLTPモードで12.7リッター/100km(約7.9km/リッター)で、W12モデルよりCO2排出量を15%低減しているという。

ベントレーの名に恥じない上質なインテリアも同車の特徴。内装を構成する部品は60点にのぼり、141人の職工が3kmの糸を使い、350枚の革を組み合わせて内装を仕上げるという。このインテリアを含め、84もの工程からなるフライングスパーの組み立ては全て職人の手作業にて行われ、1台の生産にはおよそ100時間もの時間を要するという。

納車開始は英本国およびヨーロッパで2020年末頃となっており、クルー工場では間もなく最初の生産モデルがラインオフする予定。日本での納車開始は2021年第2四半期頃で、価格は2256万1000円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
フライングスパー, ベントレー, 自動車ニュース

ベントレー フライングスパー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレーが「フライングスパーV8」の生産をスタート 日本での納車開始は2021年第2四半期を予定 2020.11.18 自動車ニュース 英ベントレーが「フライングスパーV8」の生産を開始。エンジンは最高出力550PS、最大トルク770N・mを発生する4リッターV8ツインターボで、高い動力性能を発揮。職人の手作業で仕上げられる上質なインテリアも魅力となっている。価格は2256万1000円。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。
  • BMW M550i xDrive/523d xDriveツーリング ラグジュアリー エディションジョイ+【試乗記】 2020.11.30 試乗記 「BMW 5シリーズ」のマイナーチェンジモデルが日本に上陸。4.4リッターV8ツインターボの「セダン」と2リッター直4ディーゼルターボの「ツーリング」をワインディングロードに連れ出し、走行性能と最新のデジタル装備の仕上がりを試した。
  • ボルボV90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.27 試乗記 48Vマイルドハイブリッド搭載の「ボルボV90 B6 AWDインスクリプション」で、古都・金沢まで約650kmの道のりをロングドライブ。高速道での快適性やボルボが誇るADAS「インテリセーフ」の実用性に加え、燃費性能もチェックした。
ホームへ戻る