「プジョー・リフター」の通常販売がスタート 「アリュール」と「GTライン ファーストリミテッド」の2モデル展開

2020.11.25 自動車ニュース
プジョー・リフター
プジョー・リフター拡大

グループPSAジャパンは2020年11月25日、プジョーブランドのマルチパーパスビークル「リフター」をカタログモデルとして導入すると発表し、販売を開始した。

 
「プジョー・リフター」の通常販売がスタート 「アリュール」と「GTライン ファーストリミテッド」の2モデル展開の画像拡大
 
「プジョー・リフター」の通常販売がスタート 「アリュール」と「GTライン ファーストリミテッド」の2モデル展開の画像拡大
 
「プジョー・リフター」の通常販売がスタート 「アリュール」と「GTライン ファーストリミテッド」の2モデル展開の画像拡大
 
「プジョー・リフター」の通常販売がスタート 「アリュール」と「GTライン ファーストリミテッド」の2モデル展開の画像拡大
 
「プジョー・リフター」の通常販売がスタート 「アリュール」と「GTライン ファーストリミテッド」の2モデル展開の画像拡大

カタログモデルの導入に先駆け、2019年10月に特別仕様車「デビューエディション」が限定発売されたプジョー・リフター。インポーターのグループPSAジャパンは人気のミドルサイズSUV「SUV 3008」を軸に、より多くの乗車人数を求める人には「SUV 5008」を、5人乗りのままでより大きなラゲッジスペースを求める人にはリフターをといった幅広い提案を可能にする、プジョーの商品ポートフォリオを強化するうえで重要なモデルに位置づけているという。

全長×全幅×全高=4405×1850×1880mmのボディーサイズや、最高出力130PS/最大トルク300N・mの1.5リッター直4ディーゼルターボエンジンとトルコン式の8段ATからなるパワートレインなど、車両の基本的な部分はデビューエディションと変わらない。

カタログモデルのラインナップは「アリュール」と「GTライン ファーストリミテッド」の2本立て。エントリーグレードとなるアリュールは16インチのアロイホイールや電動パーキングブレーキ、パドルシフトを装備するほか、フロントグリルやルーフレールがシルバーで、内装はブルー基調のツートンでコーディネートされる。

一方のGTライン ファーストリミテッドはデビューエディションに準じた装備を誇る特別仕様車となっており、アリュールの装備に加えて、路面状況に応じてパワートレインを統合制御するアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)や、大型のサンルーフと電動メッシュシェード、天井収納、リアシーリングボックスからなるマルチパノラミックルーフ、デジタルルームミラー、17インチアロイホイールなどを採用。フロントグリルとサイドプロテクター、ルーフレールはブラックに塗られるほか、内装色はブラウン基調のツートンに、シート表皮は上級ファブリックになる。

ボディーカラーは無償色が「ビアンカホワイト」のみで、有償色が「プラチナグレー」「ディープブルー」「メタリックコッパー」の3色展開(いずれも6万0500円)。価格はアリュールが329万円でGTライン ファーストリミテッドが379万円。GTライン ファーストリミテッドの価格には有償色の料金が含まれている。

(webCG)

関連キーワード:
リフター, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー・リフター デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.6.1 試乗記 プジョーの新型MPV「リフター」に試乗。ご覧の通り、四角四面の背高なスタイリングは兄弟車たる「シトロエン・ベルランゴ」とほとんど同じ。あえて(ちょっと地味な)プジョー版を選ぶ価値はどこにあるのだろうか。
  • シトロエン・ベルランゴ フィール(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.16 試乗記 先行導入された特別仕様車「デビューエディション」があっという間に売り切れた「シトロエン・ベルランゴ」が、ついにカタログモデルとして正式に上陸。エントリーグレード「フィール」を連れ出し、フレンチMPVのニューフェイスが秘める“素”の魅力を探った。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • マツダCX-5 XDエクスクルーシブモード/CX-5 XDブラックトーンエディション【試乗記】 2020.12.27 試乗記 パワーユニットの性能向上やコネクテッドシステムの採用、そしてラインナップの拡充と、多方面にわたり商品力の強化が図られた「マツダCX-5」。マツダSUV製品群の中核を担う基幹モデルの、今日における実力を確かめた。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
ホームへ戻る