「フォルクスワーゲンTクロス」が一部仕様変更 常時接続のインフォテインメントシステムを搭載

2020.12.04 自動車ニュース

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2020年12月4日、コンパクトSUV「Tクロス」に一部仕様変更を施し、同日販売を開始した。

Tクロスは、フォルクスワーゲンのSUVラインナップにおいて、最もボディーサイズの小さなモデル。同年 1 月に発売された。

今回の仕様変更は、電子デバイスの充実を中心に実施。フォルクスワーゲン車として日本初となる常時接続の新世代インフォテインメントシステム「We Connect(ウィーコネクト)」の搭載に加え、デジタルメータークラスター「Active Info Display(アクティブインフォディスプレイ)」や最新世代のインフォテインメントシステム「Discover Media(ディスカバーメディア)」が標準装備された。

ウィーコネクトには、従来のオンラインサービスで利用できた渋滞情報などの各種ナビゲーション関連オンライン情報に加え、車両のドアやトランクの開錠・施錠をスマートフォンの専用アプリ上で操作できる「ドアロック&アンロック」や、車両故障の際などにロードサイドアシスタンスコールセンターに位置や車両情報を自動通知し、オペレーターと通話できる「ブレークダウンコール」、定期点検や警告灯情報を販売店に自動通知し入庫のアレンジができる「サービススケジューリング」、オンラインでの地図更新などの機能が盛り込まれている。

また、エンブレムの意匠変更が行われたほか、新色「マケナターコイズメタリック」の有償オプションボディーカラーもラインナップに加わった。

価格は「TSI 1st」が301万9000円で、「TSI 1stプラス」が337万9000円。

(webCG)

フォルクスワーゲンTクロス TSI 1stプラス
フォルクスワーゲンTクロス TSI 1stプラス拡大

関連キーワード:
Tクロス, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン Tクロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンTロック 2020.7.15 画像・写真 2020年7月15日に発売された、フォルクスワーゲンの新型コンパクトSUV「T-Roc(Tロック)」。既存の「ティグアン」と「T-Cross(Tクロス)」の間に収まる絶妙なサイズ感とスタイリッシュなデザインが特徴のニューモデルの姿を写真で詳しく紹介する。
  • フォルクスワーゲンTロックTSIスタイル デザインパッケージ(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.9 試乗記 国内販売がスタートして以来、ディーゼル車だけがラインナップされていた「フォルクスワーゲンTロック」。遅れてやってきたガソリンエンジン搭載車の走りやいかに? 装備が充実した上級グレードでチェックした。
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.7.30 試乗記 やはり排気量は正義である。新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の1.5リッターモデルには、1リッターモデルに抱いたような不満がまったく感じられない。ただし、それはパワートレインに限った話で、新型全体に共通する操作系の使い勝手は人を選ぶのではないだろうか。
  • シボレー・コルベット クーペ3LT(MR/8AT)【試乗記】 2021.7.8 試乗記 ミドシップ化や右ハンドル仕様の設定など、あまたのトピックで注目を集めている“C8”こと8代目「シボレー・コルベット」が、いよいよ日本の道を走りだした。“コルベット史上初”の新機軸が多数盛り込まれた新型の実力をリポートする。
ホームへ戻る