アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(前編)

2020.12.10 谷口信輝の新車試乗 新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」に、オープントップバージョンの「ロードスター」が登場。歴史あるブランドが手がけた最新オープンスポーツカーの走りを、レーシングドライバー谷口信輝はどう評価する?

荒いともいえる……が!

今回、われらが谷口信輝に試乗してもらったのは、アストンマーティンがつくるヴァンテージ ロードスターである。最新世代のヴァンテージは「DB11」と同じアルミニウムボンデッド工法を採用し、軽量化と高剛性化を両立したオープン2シーター。エンジンはおなじみのメルセデスAMG製4リッターV8ツインターボで、ZF製8ATはトランスアクスル方式でリアに搭載される。価格はクーペ(8ATモデル)の2138万4000円に対してロードスターは2159万9000円だ。

試乗を終えた谷口に、早速その印象を尋ねてみた。
「いやあ、このクルマ、楽しいですよ」

おお、最初からなかなかストレートなコメントではないか。
「例えばレクサスの『LC500』はとてもよく洗練されているけれど、ヴァンテージはその対極で、洗練度は足りないかもしれないものの、楽しさの度合いがものすごく強い。サスペンションにしても、ヴァンテージはまあまあよく動くし、動くスピードも速いから落ち着きがないともいえるけれど、同じスピードで走っていたらこのほうが刺激が強くて楽しい。『オー、いまオレは走っているぜー!』みたいな印象が、すごく強くて、それがドライビングプレジャーに直結しているような気がするんです」

うーむ、谷口の言いたいことはなんとなくわかるような気もする。
「乗り始めた直後はね、足まわりの動きがわりと大きいから、ちょっと心配になっちゃうかもしれないけれど、クルマを信じてアクセルを踏んだりステアリングを切り増したりしていくと、タイヤのグリップ限界がめちゃくちゃ高いことに気づくと思うんですよ。だから、アクセル踏んでも踏ん張ってくれるし、ハンドル切ったら切った分だけ曲がってくれる。正直、クルマのローリングとかピッチングの動きは大きめだし、路面によっては跳ねることもあるから、クルマとしては荒いとも表現できるけれど、そのいっぽうでドライビングプレジャーも確実にあるように思います」

 
アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(前編)の画像拡大
 
アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(前編)の画像拡大
 
アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(前編)の画像拡大
 
アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ ロードスター(FR/8AT)【試乗記】 2021.1.4 試乗記 新世代の「アストンマーティン・ヴァンテージ」にオープントップバージョン「ロードスター」が登場。早速ステアリングを握った筆者は、予想以上の官能性あふれる走りに、すっかり夢中になったのだった。
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(FR/8AT)【試乗記】 2019.1.15 試乗記 「DB11」比で+117psとなる、最高出力725psの5.2リッターV12ツインターボを搭載するフラッグシップモデル「DBSスーパーレッジェーラ」。アストンマーティン史上最速をうたうGTを公道に連れ出してみた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ 2017.11.22 画像・写真 アストンマーティンが新型「ヴァンテージ」を発表。510psを発生する4リッターV8ターボエンジンにより、0-100km/h加速は3.7秒、最高速は314km/hという動力性能を実現している。レーシングカーの「ヴァンテージGTE」ともども、その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る