モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載

2020.12.15 自動車ニュース
モト・グッツィV7スペシャル
モト・グッツィV7スペシャル拡大

伊モト・グッツィは2020年12月15日、850ccのエンジンを搭載した新型「V7」を発表した。

 
モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載の画像拡大
 
モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載の画像拡大
 
モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載の画像拡大
 
モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載の画像拡大
V7ストーン
V7ストーン拡大
 
モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載の画像拡大
 
モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載の画像拡大

従来モデルから25%も出力が向上

モト・グッツィV7は、カウルのないネイキッドスタイルの車体にV型2気筒エンジンを縦置きに搭載した、クラシックなデザインのモーターサイクルである。その車名は、50年以上前に登場した同名のモデルにあやかったもので、2007年にはそのリバイバル版である現行型V7が登場。以来、「V7 II」「V7 III」と進化してきたが、今回のモデルチェンジを機に、ローマ数字によるナンバリングのない「V7」へと車名が戻された。

新型V7最大の特徴は、アドベンチャーモデル「V85TT」のものをベースに開発された新しいV型2気筒エンジンである。排気量は従来モデルより100ccほど拡大しており、これに伴い最高出力は52HP/6200rpmから65HP/6800rpmへ、最大トルクは60N・m/4250rpmから73N・m/5000rpmへと大幅に増強。3000rpmで最大トルクの80%(48N・m)以上を発生するという、力強いエンジン特性も特徴として挙げられている。

車体にも手を加えており、フレームはステアリングヘッドまわりに補強を追加。快適性を向上させるべく、新仕様のショックアブソーバーや新形状のシート、新しいフットペグサポートなどを採用している。

力強さを増したスタイリングにも注目

より大型のエンジンの搭載は、デザインにも影響を与えており、サイズの大きくなったエキゾーストシステムや、同じく大型化されたファイナルドライブギアボックス、よりワイドなリアタイヤ、「より頼もしくなった」(プレスリリースより)KYB製リアショックアブソーバーなどにより、リアビューは一段と力強くなった。同時に、スタイリッシュなサイドパネルや短くなったマッドガードも、デザイン面における新型V7の特徴として挙げられている。

ラインナップは、シンプルで力強いスタイリングの「V7ストーン」と、よりクラシックなスタイリングの「V7スペシャル」の2種類で、前者には“モト・グッツィイーグル”(ワシの翼を模したモト・グッツィのアイコン)形状のデイタイムランニングランプを含むフルLEDのヘッドランプや、デジタル式のシングルメーター、アルミニウム製のキャストホイール、より幅広な150/70サイズのリアタイヤなどを採用。一方V7スペシャルには、速度計とエンジン回転計からなるクラシックな2眼のアナログメーターや、スポークホイールを装備している。

カラーリングは、V7ストーンがブルー、ブラック、オレンジ(いずれもサテン仕上げ)の全3色。V7スペシャルがブルーとグレーの全2色となっている。

日本への導入時期や日本仕様の価格については、後日発表されるという。

(webCG)

関連キーワード:
V7, モト・グッツィ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(前編)【試乗記】 2021.1.8 試乗記 欧州のベストセラー、新型「ルノー・ルーテシア」が上陸。迎え撃つはガチのライバル「プジョー208」とコンパクトカーのベンチマーク「フォルクスワーゲン・ポロ」。3台を乗り比べ、輸入Bセグメントモデルの実力とトレンドを探った。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • ボルボXC60リチャージプラグインハイブリッドT8 AWDインスクリプション【試乗記】 2020.12.22 試乗記 プラグインハイブリッドシステムを搭載する「ボルボXC60」で、日本有数の豪雪地帯である青森・酸ヶ湯経由のルートをテストドライブ。後輪にモーターを用いたAWDの性能や、ボルボ自慢のセーフティーデバイスの実力を確かめた。
  • ヤマハYZF-R1M ABS(6MT)【レビュー】 2020.12.20 試乗記 国内外のバイクメーカーが開発にしのぎを削る、リッタークラスのスーパースポーツモデル。このジャンルで、長きにわたりヤマハの“顔”として活躍していたのが「YZF-R1」だ。日本でもついに正規販売が開始された、最新モデルの走りを報告する。
ホームへ戻る