モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載

2020.12.15 自動車ニュース
モト・グッツィV7スペシャル
モト・グッツィV7スペシャル拡大

伊モト・グッツィは2020年12月15日、850ccのエンジンを搭載した新型「V7」を発表した。

 
モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載の画像拡大
 
モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載の画像拡大
 
モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載の画像拡大
 
モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載の画像拡大
V7ストーン
V7ストーン拡大
 
モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載の画像拡大
 
モト・グッツィが新型「V7」を発表 よりパワフルな850ccの新エンジンを搭載の画像拡大

従来モデルから25%も出力が向上

モト・グッツィV7は、カウルのないネイキッドスタイルの車体にV型2気筒エンジンを縦置きに搭載した、クラシックなデザインのモーターサイクルである。その車名は、50年以上前に登場した同名のモデルにあやかったもので、2007年にはそのリバイバル版である現行型V7が登場。以来、「V7 II」「V7 III」と進化してきたが、今回のモデルチェンジを機に、ローマ数字によるナンバリングのない「V7」へと車名が戻された。

新型V7最大の特徴は、アドベンチャーモデル「V85TT」のものをベースに開発された新しいV型2気筒エンジンである。排気量は従来モデルより100ccほど拡大しており、これに伴い最高出力は52HP/6200rpmから65HP/6800rpmへ、最大トルクは60N・m/4250rpmから73N・m/5000rpmへと大幅に増強。3000rpmで最大トルクの80%(48N・m)以上を発生するという、力強いエンジン特性も特徴として挙げられている。

車体にも手を加えており、フレームはステアリングヘッドまわりに補強を追加。快適性を向上させるべく、新仕様のショックアブソーバーや新形状のシート、新しいフットペグサポートなどを採用している。

力強さを増したスタイリングにも注目

より大型のエンジンの搭載は、デザインにも影響を与えており、サイズの大きくなったエキゾーストシステムや、同じく大型化されたファイナルドライブギアボックス、よりワイドなリアタイヤ、「より頼もしくなった」(プレスリリースより)KYB製リアショックアブソーバーなどにより、リアビューは一段と力強くなった。同時に、スタイリッシュなサイドパネルや短くなったマッドガードも、デザイン面における新型V7の特徴として挙げられている。

ラインナップは、シンプルで力強いスタイリングの「V7ストーン」と、よりクラシックなスタイリングの「V7スペシャル」の2種類で、前者には“モト・グッツィイーグル”(ワシの翼を模したモト・グッツィのアイコン)形状のデイタイムランニングランプを含むフルLEDのヘッドランプや、デジタル式のシングルメーター、アルミニウム製のキャストホイール、より幅広な150/70サイズのリアタイヤなどを採用。一方V7スペシャルには、速度計とエンジン回転計からなるクラシックな2眼のアナログメーターや、スポークホイールを装備している。

カラーリングは、V7ストーンがブルー、ブラック、オレンジ(いずれもサテン仕上げ)の全3色。V7スペシャルがブルーとグレーの全2色となっている。

日本への導入時期や日本仕様の価格については、後日発表されるという。

(webCG)

関連キーワード:
V7, モト・グッツィ, バイク, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • モト・グッツィV7スペシャル(6MT)【レビュー】 2021.5.29 試乗記 イタリアの名門、モト・グッツィのネイキッドバイク「V7」。新開発の850ccエンジンを得た最新型では、どんな走りが楽しめる? クラシカルな外観が特徴のグレード「V7スペシャル」で確かめた。
  • ホンダGB350(5MT)【レビュー】 2021.5.19 試乗記 空冷単気筒エンジンのシンプルなネイキッドモデル「ホンダGB350」。優等生的な出来栄えとリーズナブルな価格を実現したニューモデルに、リポーターが感じたモヤモヤとは? 趣味の乗り物だからこそバイクに求められる+αの魅力について考えた。
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
  • モト・グッツィV9ボバー100周年記念スペシャルエディション 2021.4.13 画像・写真 V型2気筒エンジンを縦置きに搭載したモト・グッツィのクルーザー「V9ボバー」に、ブランドの創立100周年を祝う特別仕様車「100周年記念スペシャルエディション」が登場。標準モデルとは趣を異にするそのデザインを、写真で紹介する。
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.6.2 試乗記 キャデラックの新作セダン「CT5」がいよいよ日本に導入された。世界的にSUVが伸長するなかで、アメリカを代表するプレミアムブランドが世に問うたセダンの姿とは? “いまどきのキャデラック”のキャラクターを体現した、ニューモデルの実力を試す。
ホームへ戻る