「アルファ・ロメオ4Cスパイダー」に最終モデル 33台限定でオーダー受け付けスタート

2020.12.16 自動車ニュース
アルファ・ロメオ4Cスパイダー33ストラダーレ トリビュート
アルファ・ロメオ4Cスパイダー33ストラダーレ トリビュート拡大

フィアット・クライスラー・オートモービルズは2020年12月14日(現地時間)、アメリカ・ミシガン州のオーバーンヒルズにおいて、ミドシップオープンスポーツ「アルファ・ロメオ4Cスパイダー」の特別仕様車「33ストラダーレ トリビュート」を発表し、注文受け付けを開始した。

「4Cスパイダー33ストラダーレ トリビュート」(写真左)と「アルファ・ロメオ33ストラダーレ」(同右)
「4Cスパイダー33ストラダーレ トリビュート」(写真左)と「アルファ・ロメオ33ストラダーレ」(同右)拡大
 
「アルファ・ロメオ4Cスパイダー」に最終モデル 33台限定でオーダー受け付けスタートの画像拡大
 
「アルファ・ロメオ4Cスパイダー」に最終モデル 33台限定でオーダー受け付けスタートの画像拡大
 
「アルファ・ロメオ4Cスパイダー」に最終モデル 33台限定でオーダー受け付けスタートの画像拡大
 
「アルファ・ロメオ4Cスパイダー」に最終モデル 33台限定でオーダー受け付けスタートの画像拡大
 
「アルファ・ロメオ4Cスパイダー」に最終モデル 33台限定でオーダー受け付けスタートの画像拡大

今回のアルファ・ロメオ4Cスパイダー33ストラダーレ トリビュートは、1967年に登場したミドシップスポーツカー「アルファ・ロメオ33ストラダーレ」の栄光を受け継ぐとうたわれる限定車である。4Cスパイダーの最終生産モデルとなっており、北米向けには33台のみが生産される。

ボディーカラーには3層コートを施した専用色の「ロッソ・ヴィラデステ」を採用。グレー/ゴールドの5穴アルミホイール(フロント18インチ/リア19インチ)に加えて、ブラックのディナミカスエードとタバコレザーを組み合わせたスポーツシートを装備する。さらに、ダッシュボードとサイドシル、センターコンソールにはシリアルナンバー入りの専用プレートを装着。シリアルナンバーは車両に付属する、4Cのデザインコンセプトやテクノロジー、素材、モデナの組み立て施設、33ストラダーレの歴史などを記した記念ブックにも刻まれる。

カーボンファイバー製モノコックシャシーは、最終モデルにして初めてクリアレッド仕上げを採用。通常モデルではオプション扱いのアクラポヴィッチ製デュアルモードセンターマウントエキゾーストやレースチューンドサスペンション、バイキセノンヘッドライト、バッテリー充電器、ボディーカバー、カーボンファイバー製ハロ、リアウイング、イタリアンフラッグミラーキャップなど、数千ドル分のアイテムを標準装備する。さらに、デザインを手がけた「Centro Stile Alfa Romeo」のエンブレムが備わるほか、フロントエアインテークとリアディフューザーはピアノブラックで仕立てられる。

アルファ・ロメオのグローバル責任者であるティム・クニスキス氏によれば「アルファ・ロメオの伝統を受け継ぐ4Cスパイダー33ストラダーレ トリビュートは、2021年に生産を開始する『トナーレPHEVクロスオーバー』をはじめとした次世代モデルにバトンを引き渡す役割を担っている」という。

4Cスパイダー33ストラダーレ トリビュートの北米市場における販売価格は7万9995ドル(コンテナ取扱料金を除く)。日本への導入予定は明かされていない。

(webCG)

関連キーワード:
4Cスパイダー, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

アルファ・ロメオ 4Cスパイダー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー イタリア(MR/6AT)【試乗記】 2020.2.3 試乗記 専用設計のカーボンモノコックに1750ccの直4直噴ターボエンジンを搭載したアルファ・ロメオのミドシップスポーツカー「4C/4Cスパイダー」。その走りは「レースカーさながら」と表しても過言ではない、刺激に満ちたものだった。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ2.0ターボQ4ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】
    2021.8.16 試乗記 アルファ・ロメオのSUV「ステルヴィオ」に設定された、新グレード「ヴェローチェ」。一度ステアリングを握ってみれば、そのカッコよさとスポーティーさへのこだわりが、見た目にかぎったものでないことがわかるだろう。
  • 第42回:あるバイパー乗りのコルベット評(後編) 2021.8.28 バイパーほったの ヘビの毒にやられまして MR化にDCTの搭載、そして右ハンドルの設定と、話題に事欠かない新型「シボレー・コルベット」。すっかりモダンで国際的なスポーツカーとなったC8に、歴代コルベットの面影はあるのか? 編集部唯一のアメリカ車乗りが、実車に触れて抱いた思いを語る。
ホームへ戻る