“ガソリン車禁止”ってどういうこと!? 河村康彦の2020年私的10大ニュース

2020.12.23 デイリーコラム

2月に入った途端に2週連続でポルトガルへと出かけ、その合間には旭川出張が入るという“ヒコーキ漬け”の2020年がスタートするも、まだ対岸の火事と思っていた疫病禍が一気に押し寄せることに。

結果、その先は海外はおろか、一度も空港に足を運ぶことすらないというありさまに。あれ? そういえばパスポート、どこ行っちゃったかな?

かくして、春から夏にかけてはいわゆる試乗会の類いの多くがキャンセルされたのはもちろん、取材用車両を借り出すのにも難儀することに。かと思えば、そんな年も終盤に差しかかって行動制約の雰囲気が緩和されると、今度はさまざまなカタチでイベントが“同時多発”。国内限定ではあるものの一気に東奔西走状態となることに……。

というわけで、2020年の私的10大ニュースは以下の通り。

物入りな年だったのに

10位:やっぱりこれでしょのGTS 4.0
海外ネタに乏しい2020年の自らの話題の中で、忘れることのできないのが、結果として「今年最後の海外取材」となった2月のポルトガル試乗会で乗った「718ボクスター/ケイマン」の「GTS 4.0」なるモデル。自然吸気のフラット6エンジンが放つフィーリングは、パワー感もサウンドもやはり何とも官能的。“インテリジェントパフォーマンス”と称して「動力性能アップは燃費向上とセットで」というコンセプトを貫いてきたポルシェだが、「それだけでは足りない」ということを図らずも証明した格好に。ダウンサイジングターボ化までは受け入れられても、“レスシリンダー”はやり過ぎだったか……。

9位:茶ワニ号に連続内装トラブル
一度は諦めかけていた、そんな“会心のミドシップポルシェ”に出会えたのはうれしかったものの、7年目に入ったウチの「茶ワニ号(2013年式981型「ポルシェ・ケイマンS」)」には、2月に天井布落ち、10月にドアトリム剝がれ(しかも左右とも)と、想定外の内装トラブルが発生。これまで30年近く、何台かを乗り継いできたポルシェ車なれど、内装修理が必要になったことはこれが初めて。そもそも今年は、3度目の車検に2度目のタイヤ交換、そして有償でも地図更新ができなくなったナビの交換と物入りだったんだから、もー、勘弁して!

8位:ミニー、大成長
10大ニュースのネタがひとつ欠けたので、私事ついで(?)でもう一発。鼻先の模様から「ミッキー」にしようとしたけれど、女子だから「ミニー」になったウチのおネコさま。すみついた当初は「ほっそりしてて足が長くてガイジンみたい」なんて言われていたものの、気がついてみればいつしか“アザラシ”型に。これもやっぱり「コロナ太り」?

2月にポルトガルで試乗した「ポルシェ・ケイマンGTS 4.0」。やはり6気筒の魅力にはあらがえないものがあった。
2月にポルトガルで試乗した「ポルシェ・ケイマンGTS 4.0」。やはり6気筒の魅力にはあらがえないものがあった。拡大
7年目を迎えた愛車の「ケイマンS」の天井布が落ちてきた!
7年目を迎えた愛車の「ケイマンS」の天井布が落ちてきた!拡大
10月にはドアトリムが左右同時に剝がれてしまった。
10月にはドアトリムが左右同時に剝がれてしまった。拡大
わが家にすみついた当初のミニーちゃん。
わが家にすみついた当初のミニーちゃん。拡大
気がつけばこんなアザラシみたいな体形になってしまった!
気がつけばこんなアザラシみたいな体形になってしまった!拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事